ケース8 主婦(家事従事者)の休業損害につき,賃金センサス基準で4.3倍の増額

  1. 交通事故被害者救済サイトTOP
  2. 交通事故の解決事例集
  3. ケース8 主婦(家事従事者)の休業損害につき,賃金センサス基準で4.3倍の増額

Mさん(女性・36歳・主婦)

  • 事故時診断:外傷性頸部症候群
  • 後遺障害:後遺障害なし
  提示金額 増額(倍) 弁護士交渉後
合計 ¥734,660 2.5 ¥1,808,361
    増額分 ¥1,073,701
通院交通費 ¥17,360 1.1 ¥19,635
休業損害 ¥188,100 4.3 ¥805,476
入通院慰謝料 ¥529,200 1.9 ¥983,250

Mさんは,交通事故のケガによって外傷性頸部症候群などの診断をされました。半年ほどの治療期間を経て,保険会社から提示された示談金額が妥当か否かについてご相談をいただいたケースです。

当初,保険会社は自賠責保険基準の日給(5,700円)を使い,また,不当に少ない休業日数によって休業損害を算出していました。
これに対して,当事務所は主婦であるMさんを家事従事者とし,女性全体の平均賃金センサスの日給で正当な休業日数により休業損害を算出し,保険会社と交渉を進めた結果,約61万円の増額に成功しました。
また,当初,保険会社は入通院慰謝料について,裁判所基準(裁判をしたならば認められる基準)よりも低い金額を提示してきましたが,当事務所の交渉によって,約45万円の増額にも成功しました。


弁護士による交通事故無料相談実施中!

お問い合わせ:0120-250-742(ゼロイチニーゼロ ジコヲ ナシニ)

  • 交通事故の被害に関するご相談は何度でも無料です。
    治療中の方も安心してご相談ください。
  • 物損事故のみ,または,加害者の方からのご相談はお受けしておりません。
  • ご相談・ご依頼は安心の全国対応。どうぞ,お気軽にご相談ください。