ケース100 自賠責保険・共済紛争処理機構への調停申立により,後遺障害14級の認定に成功!

  1. 交通事故被害者救済サイトTOP
  2. 交通事故の解決事例集
  3. ケース100 自賠責保険・共済紛争処理機構への調停申立により,後遺障害14級の認定に成功!

Tさん(男性・43歳・会社員)

  • 事故時診断:頸椎捻挫(むち打ち)
  • 後遺障害:14級9号
  • ※弁護士費用特約を使用
提示金額 増額(倍) 弁護士交渉後
合計 - ¥4,413,123
増額分 ¥4,413,123
治療費 - ¥573,390
通院交通費 - ¥88,080
休業損害 - ¥957,600
入通院慰謝料 - ¥1,152,000
逸失利益 - ¥1,100,000
後遺症慰謝料 - ¥542,053

Tさんは,乗用車を運転中に青信号で交差点に進入しようとしたところ,右方より信号を無視して進入してきた乗用車に衝突され,頸椎捻挫(むち打ち)のケガをされました。約7ヵ月間の通院を経て症状固定を迎えましたが,首が痛む・右腕がしびれるなどの症状が残ってしまいました。

そこでTさんは,後遺障害の等級認定の申請をしましたが,結果は非該当でした。この結果に不満だったTさんは,異議申立をしましたが,非該当の結論は変わりませんでした。このような状況の中,当事務所はTさんからご相談をいただきました。

Tさんには明らかに首の痛みや右上肢のしびれが残る等の症状が残っていたものの,当事務所から行った異議申立でも結果は非該当でした。損害保険料率算出機構はTさんに後遺障害が残ったことを認めなかったのです。この結果は到底納得できるものではなく,何とかして等級を獲得したいところですが,再度の異議申立をしたとしても等級が認定される可能性は低いものと思われました。

そこで当事務所は,自賠責保険・共済紛争処理機構(以下,「紛争処理機構」)に対して調停の申立をすることにしました。損害保険料率算出機構の判断に不服がある場合には,紛争処理機構という別の機関に対して不服を申し立てることができるのです。

ただし,紛争処理機構に対する調停の申立は1回しか許されず,異議申立と違って何度も申し立てることはできません。そのため,調停申立をするかどうか慎重に判断する必要があります。また,Tさんの場合,2度も非該当という結果が出ているため,従来の医証だけでは非該当の結果が踏襲される可能性が高いと思われました。
そこで,当事務所はTさんの主治医の協力を得て,新たな検査結果等を後遺障害診断書に追記してもらい,入念に選定した頸部のMRI画像も添付したうえで,紛争処理機構に調停を申し立てました。

その結果,頸部痛・右上肢のしびれにつき,14級9号の等級認定を獲得することができたのです!

その後,この後遺障害の認定結果を前提に保険会社と示談交渉したところ,後遺症慰謝料につき,裁判所基準(裁判をしたならば認められる基準)の満額で示談することにもできました。

今回のように,後遺障害の等級認定については,不当と思われる認定がされることがあります。しかし,適切な不服申立の方法によって,その認定を覆すことができる場合があります。後遺障害の認定結果について疑問がある場合には,当事務所までお気軽にご相談ください。


弁護士による交通事故無料相談実施中!

お問い合わせ:0120-250-742(ゼロイチニーゼロ ジコヲ ナシニ)

  • 交通事故の被害に関するご相談は何度でも無料です。
    治療中の方も安心してご相談ください。
  • 物損事故のみ,または,加害者の方からのご相談はお受けしておりません。
  • ご相談・ご依頼は安心の全国対応。どうぞ,お気軽にご相談ください。