ケース125 弁護士の介入により,後遺障害の併合12級と裁判所基準での賠償金の獲得に成功!

  1. 交通事故被害者救済サイトTOP
  2. 交通事故の解決事例集
  3. ケース125 弁護士の介入により,後遺障害の併合12級と裁判所基準での賠償金の獲得に成功!

Yさん(男性・32歳・会社員)

  • 事故時診断:両肩・肩甲関節捻挫・外傷性頸部症候群・左手関節挫傷・腰部挫傷
  • 後遺障害:12級13号
  • ※弁護士費用特約を使用
提示金額 増額(倍) 弁護士交渉後
合計 - ¥9,888,481
- 増額分 ¥9,888,481
治療費 - ¥1,958,149
通院交通費 - ¥33,264
休業損害 - ¥1,180,554
入通院慰謝料 - ¥1,283,400
後遺症逸失利益 - ¥2,516,757
後遺症慰謝料 - ¥2,900,000
調整金 - ¥16,007
印鑑証明書 - ¥350

Yさんは,乗用車を運転して信号待ちで停車していたところ,後方から前方不注意の加害車両に追突されてしまいました。この事故により,外傷性頸部症候群,両肩・肩甲関節捻挫,腰部挫傷,左手関節挫傷との診断を受け,通院を余儀なくされました。

その後,Yさんは通院のため,仕事を断続的に休みながら治療を続けていました。しかし,事故から約8ヵ月が経過した頃,加害者の保険会社から,一方的に治療費の支払を打ち切られてしまいました。Yさんの身体には,まだ痛みが残っており,医師からも症状固定とは言われていませんでした。

それにもかかわらず,治療費の支払を打ち切られてしまうことに,Yさんは納得がいきませんでした。また,Yさんは副業を行っており,副業の休業損害が認められるかどうか,非常に心配でした。そこで,弁護士に相談することを思い立ち,当事務所にご相談くださいました。

ご相談を受けた当事務所は,(1)治療費の支払については主治医の意見次第では,再開するよう交渉できること,(2)副業についても交渉次第では認めさせる余地があること,(3)治療中にご依頼を受けても適切なアドバイスができること,(4)治療後も後遺障害の等級認定申請や異議申立までサポートできることなどを説明しました。その結果,当事務所はYさんからご依頼をいただくことになりました。

早速,Yさんの症状固定時期について主治医の判断を確認したところ,そろそろ症状固定時期を迎えることがわかりました。そのため,非常に残念ではありますが,Yさんの頸部と腰部に残ってしまっている痛みは,後遺症ということになります。

そこで,当事務所は,後遺障害の等級認定を申請する手続に入りました。申請に必要な資料を揃え,後遺障害診断書の記載を詳細にチェックするとともに,認定に有利に働く資料を添付し,後遺障害の等級認定の申請を行ったのです。

その結果,頸部の痛みにつき12級13号が,腰部の痛みにつき14級9号が認定され,後遺障害の併合12級の認定結果を獲得することができました。

また,保険会社との示談交渉においても,裁判所基準のほぼ満額の支払を認めさせることに成功しました。特に,Yさんが心配されていた副業の休業損害については,当初,保険会社は認めないという姿勢でした。しかし,考えられる限りの資料を検討・収集・提示しながら,粘り強く交渉を行った結果,休業損害を認めさせることに成功しました。

今回のケースのように,交通事故の被害について弁護士にご依頼をいただくと,おケガの治療中における保険会社とのトラブル,後遺障害の等級認定の申請,賠償額の示談交渉と,多岐にわたってお力になることができます。

また,ご自身では証明が十分にできないため,保険会社から支払を拒否されている休業損害についても,弁護士が適切な資料に基づいて交渉することで,相手に認めさせ,賠償金を増額できる場合があります。まずは,お気軽にご相談ください。


弁護士による交通事故無料相談実施中!

お問い合わせ:0120-250-742(ゼロイチニーゼロ ジコヲ ナシニ)

  • 交通事故の被害に関するご相談は何度でも無料です。
    治療中の方も安心してご相談ください。
  • 物損事故のみ,または,加害者の方からのご相談はお受けしておりません。
  • ご相談・ご依頼は安心の全国対応。どうぞ,お気軽にご相談ください。