ケース18 後遺症の逸失利益が3倍に増額,事故が原因で退職した際の休業損害の獲得にも成功

  1. 交通事故被害者救済サイトTOP
  2. 交通事故の解決事例集
  3. ケース18 後遺症の逸失利益が3倍に増額,事故が原因で退職した際の休業損害の獲得にも成功

Kさん(男性・40歳・会社員)

  • 事故時診断:右肘骨折・右肩関節脱臼・頸椎捻挫(むち打ち)
  • 後遺障害:併合11級
  提示金額 増額(倍) 弁護士交渉後
合計 ¥6,025,110 2.3 ¥14,812,724
    増額分 ¥8,787,614
休業損害 ¥2,133,222 1.1 ¥2,409,974
逸失利益 ¥3,891,888 3.1 ¥12,402,750

Kさんは,T字路の優先道路を走行中,狭路(一時停止規制あり)から左折のため進入してきたトラックに衝突されてしまいました。

Kさんはこの事故により,右肘骨折,右肩関節脱臼,頸椎捻挫(むち打ち)等のケガを負ってしまいました。その後,治療を終えて症状固定となった段階で,今後の補償がどのようになされるのかについてご相談をいただいたケースです。

Kさんは,事故により休業せざるをえず,勤務していた会社を解雇されていました。当事務所は保険会社に対して,Kさんが勤務していた会社からお給料の増額の話が出ていたこと,退職後も休業の必要性が継続していたことなどの交渉を行い,約27万円の休業損害の増額に成功しました。

また,後遺症については,後遺障害の等級認定を目指して当事務所から被害者請求を行ったところ,右肘関節および右肩関節の機能障害としてそれぞれ12級6号(併合11級)が認定されました。

しかし,後遺症の逸失利益の金額については保険会社と争いになりました。Kさんは,実際の収入が男性平均賃金センサスよりも低かったのですが,就労可能年数の期間内に男性平均賃金を得る可能性が十分にありました。

当事務所は保険会社に対して,この男性平均賃金センサスを基に逸失利益を計算すべきであり,さらに労働能力喪失期間についても長期間に及ぶことを主張して交渉を重ねました。その結果,保険会社からの当初の提示金額の3倍以上の増額に成功しました。


弁護士による交通事故無料相談実施中!

お問い合わせ:0120-250-742(ゼロイチニーゼロ ジコヲ ナシニ)

  • 交通事故の被害に関するご相談は何度でも無料です。
    治療中の方も安心してご相談ください。
  • 物損事故のみ,または,加害者の方からのご相談はお受けしておりません。
  • ご相談・ご依頼は安心の全国対応。どうぞ,お気軽にご相談ください。