交通事故被害者の慰謝料・弁護士への交通事故示談と賠償金に関する無料相談ナビ
交通事故の解決事例集

ケース182 逸失利益の期間が1年間→5年間に。金額にして4.5倍以上の増額に成功!

Wさん(男性・29歳・会社員)

  • 事故時診断:両肩関節捻挫・外傷性末梢神経障害・腰椎捻挫・頸椎捻挫(むち打ち)
  • 後遺障害:併合14級
  • ※弁護士費用特約を使用
提示金額 増額(倍) 弁護士交渉後
合計 ¥6,778,071 1.2 ¥8,227,280
増額分 ¥1,449,209
治療費 ¥1,278,469 1.0 ¥1,278,469
入通院慰謝料 ¥891,533 1.1 ¥1,010,000
通院交通費 ¥133,450 1.0 ¥133,450
後遺症慰謝料 ¥400,000 2.3 ¥900,000
後遺症逸失利益 ¥234,192 4.5 ¥1,064,934
休業損害 ¥3,840,427 1.0 ¥3,840,427

Wさんは,駐車場内で乗用車を運転中,前方で車庫入れをしている乗用車を停車して待っていたところ,乗用車の運転手が後方確認を行わずにバックし,衝突されてしまいました。この事故により,Wさんは,腰椎捻挫,頸椎捻挫(むち打ち),両肩関節捻挫,外傷性末梢神経障害と診断され,治療を余儀なくされました。

Wさんはその後,約10ヵ月間の治療を行い,ようやく症状固定を迎えましたが,大変残念なことに首や腰に痛みが残ってしまいました。そこで,これらの痛みについて後遺障害の等級認定申請を行ったところ,併合14級が認定されました。

ほどなくして,加害者側の保険会社から示談金額の提示がありました。しかし,Wさんは,提示された金額が妥当であるか判断できませんでした。そこで,弁護士に意見を聞いてみたいと考え,当事務所にご相談くださいました。

当事務所は,いただいた資料を拝見し,逸失利益と後遺症慰謝料の金額が低いこと,弁護士が示談交渉をすることで,増額となる可能性があることをご説明しました。また,Wさんは弁護士費用特約に加入しているため,費用の心配なく,ご依頼いただけることをご案内しました。

ご依頼いただいた当事務所は,早速,相手方の保険会社との示談交渉を始めました。示談交渉では,相手方の保険会社が1年間しか認めていなかった逸失利益について,5年間が妥当であると主張しました。後遺症慰謝料についても,裁判所基準(裁判をしたならば認められる基準)をもとに,適切な金額への増額を強く求めました。

その結果,5年間の逸失利益が認められ,金額は4.5倍以上に増額となりました。後遺症慰謝料についても約2.3倍の増額に成功しました。最終的に,賠償金の総額は,最初に提示された金額から140万円以上の増額となり,示談が成立しました。

今回のように,相手方の保険会社が提示する示談金額は,後遺障害に関する賠償金が低く設定されているものです。弁護士が介入し,示談交渉を行うことで,適切な金額に増額となる場合があります。また,弁護士費用特約に加入していれば,原則的に,依頼者の方が弁護士費用を負担する必要はなく,安心してご依頼いただけます。保険会社が提示した示談金額にすこしでも疑問を持ちましたら,まずは当事務所までご相談ください。

もっと詳しく知りたい⽅はコチラのページもご覧ください
メディア情報
メディア情報 取材・紹介されたテレビ・雑誌など
プライバシーマーク
プライバシーマーク を取得しています
交通遺児育英会
交通遺児育英会 活動を支援しています
交通事故・後遺障害について
アディーレ法律事務所について
お問い合わせ:0120−250−742(ゼロイチニーゼロ ジコヲ ナシニ)
ご相談は
何度でも無料です。
お気軽にお問い合わせください。
無料相談はこちら
メール