ケース28 弁護士の交渉により,低髄液圧症候群(脳脊髄液減少症)の賠償金の獲得に成功!

  1. 交通事故被害者救済サイトTOP
  2. 交通事故の解決事例集
  3. ケース28 弁護士の交渉により,低髄液圧症候群(脳脊髄液減少症)の賠償金の獲得に成功!

Kさん(男性・32歳・会社員)

  • 事故時診断:腰椎捻挫・頸椎捻挫(むち打ち)
  • 後遺障害:14級9号
  • ※弁護士費用特約を使用
  提示金額 増額(倍) 弁護士交渉後
合計 ¥5,390,369 1.3 ¥7,173,397
    増額分 ¥1,783,028
治療費 ¥2,265,530 1.0 ¥2,265,530
通院交通費 ¥221,280 1.0 ¥221,280
入院雑費 ¥4,400 1.4 ¥6,000
その他(枕代、敷きパット代など) ¥51,950 1.0 ¥51,950
入通院慰謝料 ¥1,160,000 1.3 ¥1,467,667
休業損害 ¥543,900 1.1 ¥587,816
後遺症慰謝料 ¥450,000 2.4 ¥1,100,000
逸失利益 ¥693,309 2.1 ¥1,473,154

Kさんは,相手側に一時停止の標識がある交差点で,一時停止せずに進んできた車両と出合い頭の衝突をし,頸部受傷後の項部痛と頭痛によって,後遺障害14級9号に認定されました。保険会社から示談金額の提示があった段階で,示談提示額の妥当性についてご相談をいただいたケースです。

保険会社からの当初の提示金額は,後遺症慰謝料が45万円,逸失利益の労働能力喪失期間が3年で算定されたものでした。しかし,Kさんの場合,項部痛や頭痛のほかに,低髄液圧症候群(脳脊髄液減少症)と診断されており,とりわけ労働能力喪失期間については5年という裁判所基準(裁判をしたならば認められる基準)がそのまま当てはまるものではないと考えられました。

そこで,当事務所は,後遺症慰謝料については裁判所基準の110万円を主張し,労働能力喪失期間については10年で算定するよう保険会社と交渉を重ねました。その結果,後遺症慰謝料については,裁判所基準の110万円となり,また,逸失利益についても7年分が認められました。

低髄液圧症候群については,裁判例でも交通事故との因果関係が否定されるものもある中で,交渉のやり方次第では,労働能力喪失期間を通常の基準である5年よりも長く認めさせることができる場合があります。まずはご相談ください。


弁護士による交通事故無料相談実施中!

お問い合わせ:0120-250-742(ゼロイチニーゼロ ジコヲ ナシニ)

  • 交通事故の被害に関するご相談は何度でも無料です。
    治療中の方も安心してご相談ください。
  • 物損事故のみ,または,加害者の方からのご相談はお受けしておりません。
  • ご相談・ご依頼は安心の全国対応。どうぞ,お気軽にご相談ください。