ケース325 弁護士の粘り強い交渉と資料の精査で,逸失利益が0円→210万円以上,賠償総額は810万円以上に!

  1. 交通事故被害者救済サイトTOP
  2. 交通事故の解決事例集
  3. ケース325 弁護士の粘り強い交渉と資料の精査で,逸失利益が0円→210万円以上,賠償総額は810万円以上に!

Rさん(女性・54歳・会社員)

  • 事故時診断:右大腿部打撲・右肘打撲・左鎖骨骨折
  • 後遺障害:12級5号
  • ※弁護士費用特約を使用
提示金額 増額(倍) 弁護士交渉後
合計 ¥5,350,502 1.5 ¥8,193,271
増額分 ¥2,842,769
治療費 ¥1,978,160 1.0 ¥1,978,160
入通院慰謝料 ¥455,938 2.5 ¥1,148,643
通院交通費 ¥11,798 1.0 ¥11,798
後遺症慰謝料 ¥2,240,000 1.0 ¥2,240,000
後遺症逸失利益 ¥0 ¥2,150,064
休業損害 ¥651,106 1.0 ¥651,106
入院雑費 ¥13,500 1.0 ¥13,500

Rさんは信号のない交差点の横断歩道を自転車で横断中,わき見運転で右折してきた乗用車と衝突する事故に遭いました。この事故でRさんは,左鎖骨骨折,右大腿部打撲,右肘打撲と診断され,治療を余儀なくされました。事故から約5ヵ月後,通院による治療を続けていたRさんは,今後の流れや賠償金について,交通事故に詳しい弁護士へ話を聞きたいと考え,当事務所まで相談に来られました。

Rさんは,後遺障害の等級認定のために「自分が主導的に動かなくてはならないのか」という不安をお持ちでした。弁護士は,後遺障害診断書など本人のみが入手できる書類などはご協力をお願いしたいが,ご依頼いただければ,弁護士主導のもとで,後遺障害の等級認定申請から保険会社との示談交渉までサポートできることを説明しました。Rさんは安心されて,正式に依頼いただくことになりました。

事故から11ヵ月後,Rさんは症状固定を迎えました。しかし,左鎖骨部と左頸部に痛みが,また左鎖骨部には変形が残ってしまいました。弁護士は,後遺障害診断書だけではなく,経過診断書,さらには鎖骨,肋骨部分の変形がわかる写真も貼付して後遺障害の等級認定申請を行い,12級5号が認定されました。その後弁護士は,保険会社との示談交渉を開始しました。弁護士による症状の精査と粘り強い交渉により,当初認められなかった逸失利益が210万円以上,さらに入通院慰謝料も当初提示額の2.5倍以上となる110万円以上となり,最終的な賠償額は810万円以上で合意することができたのです。

今回のように,ケガが治癒した後も痛みなどの後遺症が残っている場合,必要な書類をそろえて後遺障害の等級認定申請をし,認定されると,後遺症慰謝料や逸失利益といった賠償金を受け取ることができます。当事務所では後遺障害の等級認定申請から保険会社との示談交渉までトータルでサポートしています。まずはお気軽にご相談ください。


弁護士による交通事故無料相談実施中!

お問い合わせ:0120-250-742(ゼロイチニーゼロ ジコヲ ナシニ)

  • 交通事故の被害に関するご相談は何度でも無料です。
    治療中の方も安心してご相談ください。
  • 物損事故のみ,または,加害者の方からのご相談はお受けしておりません。
  • ご相談・ご依頼は安心の全国対応。どうぞ,お気軽にご相談ください。