交通事故被害者の慰謝料・弁護士への交通事故示談と賠償金に関する無料相談ナビ
交通事故の解決事例集

ケース332 弁護士のアドバイスで資料を集め,後遺障害併合14級を獲得。賠償金は370万円以上!

Iさん(男性・55歳・会社員)

  • 事故時診断:両膝打撲傷・腰椎捻挫・頸椎捻挫(むち打ち)・首・肩・足の打撲
  • 後遺障害:併合14級
  • ※弁護士費用特約を使用
提示金額 増額(倍) 弁護士交渉後
合計 ¥0 ¥3,792,883
増額分 ¥3,792,883
治療費 ¥0 ¥1,086,944
入通院慰謝料 ¥0 ¥887,111
通院交通費 ¥0 ¥106,660
後遺症慰謝料 ¥0 ¥990,000
後遺症逸失利益 ¥0 ¥716,768
文書料 ¥0 ¥5,400

自動二輪車を運転していたIさんは,片側一車線の道路を直進中に,対向車線の車がコンビニに入ろうと右折し,Iさんの進路をふさぐように急停止したため,衝突してしまう事故にあってしまいました。この事故で,両膝打撲傷,頸椎捻挫(むち打ち),腰椎捻挫,首・肩・足の打撲と診断され,通院治療を余儀なくされました。

事故から約半年後,それまで治療費を支払っていた相手方の保険会社から,症状固定の打診がありました。症状固定になってしまうと,相手方の保険会社が治療費を支払わなくなると聞いていたIさんは不安を覚え,交通事故に詳しい弁護士の話を聞きたいと,当事務所にご相談くださいました。

弁護士が詳しくお話を伺ったところ,Iさんは,後遺障害等級の認定を受けたいと考えていましたが,手続の方法や必要な資料などもわからず,不安を覚えていました。そこで弁護士は,ご依頼いただければ,弁護士が後遺障害の等級認定申請から今後の保険会社との示談交渉までトータルでサポートさせていただくとご説明したところ,正式にご依頼いただくことになりました。

ご依頼をいただいた弁護士は,まずはIさんが治療に専念できるように,今後,申請をしていく後遺障害の等級認定に必要な書類のアドバイスなど,水面下でサポートを続けました。そして,約1ヵ月後に,Iさんは症状固定を迎えましたが,首の痛みや左半身のしびれが残っていたことから,あらかじめ用意していた必要な資料を提出し,後遺障害等級の認定申請を行ったところ,「局部に神経症状を残すもの」として併合14級が認定されました。認定後,弁護士はすぐに相手方の保険会社との示談交渉を開始しました。粘り強く交渉を続けた結果,後遺症慰謝料は裁判所基準(裁判したら認められる基準)の9割である99万円が認められるなど,後遺症に対する賠償金として170万円以上を獲得し,最終的に獲得した賠償金は370万円以上になり,示談が成立しました。

今回のように,相手方の保険会社から症状固定を打診されて,不安を感じてしまう方は多くいらっしゃいます。弁護士にご依頼いただければ,後遺障害の等級認定申請から,保険会社との示談交渉までトータルでサポートをいたします。相手方保険会社とのやり取りについて不安や疑問を感じた場合は,当事務所までお気軽にご相談ください。

もっと詳しく知りたい⽅はコチラのページもご覧ください
メディア情報
メディア情報 取材・紹介されたテレビ・雑誌など
プライバシーマーク
プライバシーマーク を取得しています
交通遺児育英会
交通遺児育英会 活動を支援しています
交通事故・後遺障害について
アディーレ法律事務所について
お問い合わせ:0120−250−742(ゼロイチニーゼロ ジコヲ ナシニ)
ご相談は
何度でも無料です。
お気軽にお問い合わせください。
無料相談はこちら
メール