交通事故被害者の慰謝料・弁護士への交通事故示談と賠償金に関する無料相談ナビ

お問い合わせ:0120−250−742(ゼロイチニーゼロ ジコヲ ナシニ)

示談・ADR・訴訟のよくある質問

Q加害者から調停を申し立てられ,裁判所から呼び出し状が届きました。どうすればよいでしょうか?行かないと,逆に不利益になりますか?

A

調停は,裁判所を通じた当事者の話し合いの手続のことです。裁判所は,加害者と被害者といった両当事者の間に入って話を整理したり,場合によっては当事者を説得したりします。

加害者と話し合いの余地があると思われる場合には,裁判所へ出頭して話し合いをしてもよいでしょう。もし,納得できるような案が調停で提示されなければ,調停自体を不成立にすればよく,調停案への合意を強制されることは,一切ありません。ですから,出頭しなくても特に不利になるようなことはありません。

法律上は,裁判所からの調停の呼び出しに対して,正当な事由がなく出頭しないときは,「5万円以下の過料」というペナルティを課せられる場合があるとされています。話し合う気がまったくないことが正当な事由にあたるか否かは,見解が分かれていますが,この過料の制裁がなされることは,実際のところほとんどありません。

もっと詳しく知りたい方は
コチラのページもご覧ください

弁護士による交通事故 無料相談 実施中!

お問い合わせ:0120−250−742(ゼロイチニーゼロ ジコヲ ナシニ)
  • 費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり
  • ご相談・ご依頼は安心の全国対応。国内最多の78拠点。
  • 法律相談実績40万人のアディーレだからできる,安心サポート!

弁護士 篠田 恵里香

日本交通法学会・日本賠償科学会

日本交通心理学会・日本交通科学学会所属・東京弁護士会所属

弁護士 篠田 恵里香
お問い合わせ:0120−250−742(ゼロイチニーゼロ ジコヲ ナシニ)

ご相談は
何度でも無料です。
お気軽にお問い合わせください。

無料相談はこちら
メール