メディア出演・掲載情報,ニュースリリース

  1. 交通事故被害者救済サイトTOP
  2. メディア出演・掲載情報,ニュースリリース

交通事故に取り組む弁護士として,多数のメディアに出演しております

アディーレ法律事務所では,テレビの報道番組,ラジオ,新聞,雑誌など各種メディアからのご依頼を受け,交通事故の被害者救済に取り組む弁護士として,さまざまなメディアにて解説やコメントを行っています。

取材・紹介された雑誌・新聞

文藝春秋【週刊文春】2016年9月8日(木)

文藝春秋【週刊文春】

人気週刊誌「週刊文春」9月15日号のワンポイント情報にて,篠田弁護士が交通事故の示談金についてわかりやすく解説している書籍「ストーリーから学ぶ 交通事故の示談金を受け取るまで」(中央経済社)が話題の書籍として紹介されました。この書籍は,全国の書店にて好評発売中です。

産業経済新聞社【サンケイスポーツ】2016年8月27日(土)

産業経済新聞社「サンケイスポーツ」

人気のスポーツ新聞「サンケイスポーツ」から,当事務所の新刊「ストーリーから学ぶ 交通事故の示談金を受け取るまで」が紹介されました。書籍には,「事故発生直後の正しい対応」や,「治療中に必要な知識」「示談交渉のカラクリ」など,交通事故の被害者が直面しやすい疑問や不安を篠田弁護士がわかりやすく解説していることに触れ,紹介されています。

スポーツニッポン新聞社【スポーツニッポン 東京版】2016年8月10日(水)

スポーツニッポン新聞社「スポーツニッポン 東京版」

人気スポーツ新聞「スポーツニッポン 東京版」から,当事務所の新刊「ストーリーから学ぶ 交通事故の示談金を受け取るまで」が紹介されました。書籍には交通事故にあってしまったときの対処法について,事故直後や治療中に必要な知識,後遺障害の等級認定申請や,示談交渉の方法など,事故被害者に知ってほしい情報を,篠田弁護士がわかりやすく解説していることに触れ,紹介されています。

産業経済新聞社【サンケイスポーツ】2016年7月27日(水)

産業経済新聞社「サンケイスポーツ」

人気のスポーツ新聞「サンケイスポーツ」から,交通事故被害に関する相談先として,当事務所が紹介されました。ご依頼いただくことで,弁護士が法的に認められる示談金額を目指した増額交渉,後遺障害の手続などを代行することや,土日祝日も無料でご相談を行っている当事務所の特長などについて,紹介されております。

スポーツニッポン新聞社【スポーツニッポン 大阪版】2016年7月20日(水)

スポーツニッポン新聞社【スポーツニッポン】

人気スポーツ新聞「スポーツニッポン 大阪版」から,交通事故被害に関する相談先として,当事務所が紹介されました。交通事故被害にあったとき,入・通院期間の長さや後遺障害によって,慰謝料などの賠償金額が大きく異なってくるケースがあることや,弁護士に早めに相談することで,治療費の支払いや休業補償などを気にせずケガの治療に専念できたり,保険会社から提示された示談金が増額できる可能性があることなどについて紹介されております。

講談社ビーシー【ベストカー】2016年6月25日(土)発売(7/26号)

講談社ビーシー【ベストカー】

クルマ総合情報誌「ベストカー」から,“外交官ナンバーの車が交通事故を起こしたら,被害者は罪に問えるのか?”という記事について,篠田弁護士が取材を受けました。交通事故被害に詳しい篠田弁護士は,外交官は日本の刑事裁判権・民事裁判権・行政裁判権の対象になるのかや,外交官ナンバーの車と事故にあってしまった場合,相手の加入している任意保険会社へ慰謝料などの損害を請求できる可能性もあることなどについて,わかりやすく解説しています。

旅行読売出版社【旅行読売】2016年5月2日(月)発売(6月号)

旅行読売出版社【旅行読売】

旅情報を伝える月刊誌「旅行読売」にて,旅行先で起こり得る法律トラブルを,篠田弁護士が解説する連載コラム「トラベルとらぶる相談」が掲載されました。今号では,「旅先で交通事故にあったが,保険会社の示談金額に納得できない」というテーマで,保険会社からの提示額は法的に妥当とされる金額より低いケースが多いため,弁護士に相談して正当な金額がいくらなのか把握することが重要なことや,慰謝料以外にも休業損害や逸失利益なども支払ってもらえる場合もあることなどについて,わかりやすく解説しております。

スポーツニッポン新聞社【スポーツニッポン 大阪版】2016年4月27日(水)

スポーツニッポン新聞社【スポーツニッポン】

人気スポーツ新聞「スポーツニッポン 大阪版」にて,交通事故被害に関する相談先として,当事務所が紹介されました。交通事故に関するご相談は,土日祝日も朝10時から夜10時まで無料で行っていることや,今年4月時点で4万5000人の相談実績があり,整骨院・接骨院の先生方に対する無料セミナーも行っていて,安心してご安心いただける環境であることなどについて,紹介されております。

産業経済新聞社「サンケイスポーツ 東京版」2016年4月23日(土)

産業経済新聞社「サンケイスポーツ 東京版」

人気のスポーツ新聞「サンケイスポーツ 東京版」から,交通事故被害に関する相談先として,当事務所が紹介されました。治療費の支払や休業損害の金額を気にせずケガの治療に専念するには,早くから弁護士に相談することが大切なことや,交通事故に関するご相談は,土日祝日も朝10時から夜10時まで無料で行っている当事務所の特長などについて,紹介されております。

産業経済新聞社「サンケイスポーツ 大阪版」2016年4月23日(土)

産業経済新聞社「サンケイスポーツ 東京版」

人気のスポーツ新聞「サンケイスポーツ 大阪版」から,交通事故被害に関する相談先として,当事務所が紹介されました。弁護士に依頼することで,法的に認められる示談金額を目指した増額交渉や後遺障害の手続を任せられるメリットがあることや,今年4月時点で4万5000人の相談実績があり,安心してご相談いただける当事務所の特長などについて,紹介されております。

女性・OLに役立つフリーペーパー「シティリビング」2016年4月8日(金)

サンケイリビング新聞社【シティリビング】

女性・OLに役立つフリーペーパー「シティリビング」(サンケイリビング新聞社)から,篠田弁護士が取材を受けました。誌面では,「今日から変わる スムーズ仕事術」という特集記事を掲載。ホテル勤務をしながら資格を取得した篠田弁護士は,弁護士の資格試験に向けた勉強のポイントや,目標達成するための仕事と勉強の両立のコツなどについて,わかりやすく解説しています。

女性・OLに役立つフリーペーパー「シティリビング」2016年4月8日(金)

サンケイリビング新聞社【シティリビング】

女性・OLに役立つフリーペーパー「シティリビング」(サンケイリビング新聞社)から,篠田弁護士が取材を受けました。誌面では,「今日から変わる スムーズ仕事術」という特集記事を掲載。ホテル勤務をしながら資格を取得した篠田弁護士は,弁護士の資格試験に向けた勉強のポイントや,目標達成するための仕事と勉強の両立のコツなどについて,わかりやすく解説しています。

ダイヤモンド社【頼れる弁護士の見つけ方】2016年3月31日(木)

ダイヤモンド社【頼れる弁護士の見つけ方】

ダイヤモンド社の『DIAMOND MOOK 頼れる弁護士の見つけ方』で,当事務所が紹介されました。当事務所の基幹事業である債務整理・交通事故の被害・離婚問題・刑事事件・労働トラブル・B型肝炎の給付金請求・企業法務のご依頼を取り扱ううえで,「身近な法律事務所」であり続けるための理念や実践について,パートナー弁護士である篠田が詳しく解説しております。

朝日新聞社【朝日新聞 夕刊】2016年3月28日(月)

朝日新聞社【朝日新聞 夕刊】

朝日新聞社「朝日新聞 夕刊」から,交通事故被害に関する相談先として,当事務所が紹介されました。交通事故にあってしまったとき,弁護士に依頼することで治療費の支払いなどを気にせず治療に専念できることや,法的に認められる示談金額を目指した増額交渉,後遺障害の手続を任せられるメリットなどが紹介されております。

サンケイリビング新聞社【シティリビング】2016年3月11日(金)

サンケイリビング新聞社【シティリビング】

女性・OLに役立つフリーペーパー「シティリビング」(サンケイリビング新聞社)から,当事務所の新刊「愛とお金と人生の法律相談」が紹介されました。さくら弁護士と正木弁護士が,恋愛トラブルやお金の問題など女性の身近なトラブルについて,同じ女性ならではの視点でわかりやすく解説していることなどに触れ,紹介されています。

読売新聞社【読売新聞】2016年2月26日(金)

読売新聞社【読売新聞】

読売新聞社「読売新聞」から,当事務所の新刊「愛とお金と人生の法律相談」が紹介されました。記事ではさくら弁護士と正木弁護士が,ストーカーやセクハラ・マタハラなど,女性のためのトラブル対処法をわかりやすくアドバイスしていることなどに触れ,紹介されています。

プレジデント社【プレジデント】2016年2月22日(月)発売(3/22号)

プレジデント社【プレジデント】

人気ビジネス誌「プレジデント」から,篠田弁護士が取材を受けました。“世のなか法律塾”という記事で交通事故被害に詳しい篠田弁護士は,交通事故被害にあってしまった場合,弁護士をつけると慰謝料が上がる可能性があることや,示談金が不当に低くならないよう,弁護士に依頼するタイミングはいつがよいのかなどについて,わかりやすく解説しています。

プレジデント社【プレジデント】2016年2月8日(月)発売(2/29号)

プレジデント社【プレジデント】

人気ビジネス誌「プレジデント」から,篠田弁護士が取材を受けました。“世のなか法律塾”という記事で交通事故被害に詳しい篠田弁護士は,事故にあってしまった場合,その場で示談せず警察へ報告することが後々のために重要なことや,健康保険を使用した方が,被害者の負担が少なくなる可能性があることなどについて,わかりやすく解説しています。

スポーツニッポン新聞社【スポーツニッポン】2016年1月27日(水)

スポーツニッポン新聞社【スポーツニッポン】

人気スポーツ新聞「スポーツニッポン」から,交通事故被害に関する相談先として,当事務所が紹介されました。交通事故にあってしまったとき,早くから弁護士に相談することで慰謝料などの賠償金額が大きく異なってくる場合があることや,これまでに4万2000人以上の事故に関する相談実績があり,交通事故の被害に関するご相談を土日祝日も行っている当事務所の特長などが紹介されております。

産業経済新聞社【サンケイスポーツ】2016年1月17日(日)

産業経済新聞社【サンケイスポーツ】

人気スポーツ新聞「サンケイスポーツ」から,交通事故の被害に関する相談先として,当事務所が紹介されました。弁護士へ早く相談することで,治療費の支払いや休業補償の金額を気にせず治療に専念できることや,親身で適切な対応をモットーに,土日祝日もご相談を行っている当事務所の特長などが紹介されております。

旅行読売出版社【旅行読売】2015年11月2日(月)発売(12月号)

旅行読売出版社【旅行読売】

旅情報を伝える月刊誌「旅行読売」にて,旅行先で起こり得る法律トラブルを,篠田弁護士が解説する連載コラム「トラベルとらぶる相談」が掲載されました。今号では,「レンタカーで後続から追突された場合,修理代は支払わなければならないのか」というテーマで,過失がない場合,加害者や先方の任意保険会社が賠償責任を負うことや,レンタカー会社と修理代などについて保険契約を交わしていた場合はどうなるのかなどについて,わかりやすく解説しております。

扶桑社【週刊SPA!】2015年10月6日(火)発売(10/13,20合併号)

扶桑社【週刊SPA!】

時代を切り取るビジュアル週刊誌「週刊SPA!」から,篠田弁護士が取材を受けました。「早死にする人ランキング」という特集記事で,篠田弁護士は,若い世代の死亡事故として,生身の状態であるオートバイや自転車を運転しているときが多いことや,正常ではない状態で出歩いたり,メンタルが影響して注意力が落ちたりする状況で運転するのは危険なことなどについて,わかりやすく解説しています。

西日本新聞社【西日本新聞】2015年9月25日(金)

旅行読売出版社【旅行読売】

「西日本新聞」から,飲酒運転ゼロを発信するイベント“8・25 FUKUOKA ZERO DAY”について,篠田弁護士が取材を受けました。交通事故被害に詳しい篠田弁護士は,飲酒運転は法改正で厳罰化されていることや,一滴でも飲酒をしたら運転しないという自分の中での意識改革が重要であることなどについて,弁護士の立場からコメントしています。

旅行読売出版社【旅行読売】2015年8月1日(土)発売(9月号)

旅行読売出版社【旅行読売】

旅情報を伝える月刊誌「旅行読売」にて,旅行先で起こり得る法律トラブルを,篠田弁護士が解説する連載コラム「トラベルとらぶる相談」が掲載されました。今号では,「サファリパークで動物と衝突したが,損害賠償できるのか」というテーマで,自家用車でサファリパーク内を周っていた際に動物に衝突され車が損傷した場合,サファリパークの運営会社に損害賠償請求することができるのかなどについて,わかりやすく解説しております。

旅行読売出版社【旅行読売】2015年5月2日(土)発売(6月号)

旅行読売出版社【旅行読売】

旅情報を伝える月刊誌「旅行読売」にて,旅行先で起こり得る法律トラブルを,篠田弁護士が解説する連載コラム「トラベルとらぶる相談」が掲載されました。今号では,「バスが急停車し乗客が怪我をしたが,治療費や慰謝料は支払ってもらえるのか」というテーマで,慰謝料の支払い義務や,示談金額の相場などについて,わかりやすく解説しております。

旅行読売出版社【旅行読売】2015年3月2日(月)発売(4月号)

旅行読売出版社【旅行読売】

旅情報を伝える月刊誌「旅行読売」にて,旅行先で起こり得る法律トラブルを,篠田弁護士が解説する連載コラム「トラベルとらぶる相談」が掲載されました。今号では,「タクシーが事故にあって,飛行機に乗り遅れた時の賠償は?」というテーマで,事故に巻き込まれた時の賠償金の請求などについて,わかりやすく解説しております。

朝日新聞出版【週刊朝日】2015年1月27日(火)(2月6日増大号)

朝日新聞出版【週刊朝日】

人気週刊誌「週刊朝日」より,当事務所が応援する映画「ジャッジ 裁かれる判事」について,代表弁護士の石丸が取材を受けました。石丸弁護士は,映画の感想を自身の経験や法曹界についての豊富な知識を基に,弁護士ならでは視点で語らせていただきました。石丸弁護士の記事は,“ツウの一見”のページに掲載されています。

日刊自動車新聞社【日刊自動車新聞】2014年10月4日(土)

日刊自動車新聞社【日刊自動車新聞】

自動車業界紙の「日刊自動車新聞」で当事務所が公益財団法人交通遺児育英会に支援金を贈呈したことが紹介されました。記事では,5月から全国59拠点に「あしながおじさん募金箱」を設置し,この度,募金箱への寄付金に加えて弁護士費用の一部を支援金としてお贈りしたことに加え,篠田弁護士の「事故被害者に対する適正な賠償獲得に向けた活動を継続する中で,こうした支援活動と通じて被害者のサポートも重要な活動と考えている」というコメントも掲載されています。

株式会社あわわ【Geen】2013年11月25日(月)発売

株式会社あわわ【Geen】

徳島県のタウン情報誌「Geen」から,徳島支店長の水木弁護士が取材を受けました。「交通事故で損をしない方法」と題する特集記事の中で,交通事故に詳しい水木弁護士が,保険会社が慰謝料を低く見積もる実態や,主婦がもらえる休業損害の相場など,わかりやすく解説しています。また水木弁護士は,当事務所のサービス内容や特長などについて,お話しております。

光文社【FLASH】2013年11月12日(火)発売(11/26号)

光文社【FLASH】

人気週刊誌「FLASH」から,代表弁護士の石丸,さくら弁護士,岩沙弁護士が取材を受けました。人気ドラマ「リーガルハイ」に関する特集記事で,ドラマの内容と現実との比較や,アディーレ法律事務所設立の経緯などについて,コメントしています。

PHP研究所【THE21】2013年1月10日(木)発売(2月号)

PHP研究所【THE21】

ビジネス誌「THE21」から,篠田弁護士が取材を受けました。 特集企画「いざというときに役立つ!ビジネスマンのための法律入門」において,交通事故の被害に遭ったときの対処法など,身近な法律トラブルにお答えしております。

ダイヤモンド社【役に立つ弁護士&知って得する法律(ダイヤモンドMOOK)】2012年12月6日(木)発売

ダイヤモンド社の特集MOOK「役に立つ弁護士&知って得する法律」にて,当事務所が取材を受けた記事が掲載されました。
さまざまな分野で活躍中の法律事務所を紹介する企画「頼れる弁護士の横顔」にて,代表の石丸弁護士が,顧客の満足を第一に考える運営方針や,弁護士を身近なものにするための広報活動,「サービス業としての弁護士」を徹底するための研修制度など,当事務所の特長について説明しております。

ダイヤモンドMOOK表紙

ダイヤモンドMOOK中ページ

朝日新聞出版【週刊朝日】2012年11月6日発売(11/16号)

人気週刊誌「週刊朝日」誌上の【いざという時頼れる法律事務所】というコーナーにて,当事務所の篠田弁護士が取材を受けた内容が掲載されました。交通事故の被害に対する当事務所の取り組みを中心に,事故に遭った際に注意するべき点や,弁護士に依頼することのメリットなどについてわかりやすく解説しています。

週刊朝日表紙

週刊朝日中ページ

【Health Today】2012年10月号

当事務所の篠田弁護士が取材を受けた内容が,9月24日発売の健康情報誌「Health Today」10月号の巻頭コーナー【Health Topics】に掲載されました。交通事故に詳しい弁護士として,事故に遭った後の対応や注意すべき点等についてわかりやすく解説しています。

Health Today表紙

Health Today中ページ

【サンデー毎日】2012年8月7日(火)発売号

人気週刊誌「サンデー毎日」誌上の【会社の流儀】というコーナーにて,当事務所の交通事故被害に対する取り組みが紹介されました。5,500件の 相談実績を持つ当事務所の活動内容とその想いについて,篠田弁護士が熱く語っています。

【日刊ゲンダイ】2010年10月6日(水)

日刊ゲンダイ

当事務所の大久保弁護士が交通事故について取材を受けた内容が,2010年10月6日(水)の日刊ゲンダイに掲載されました。 2010年10月に福岡市で起きた,脇見運転によって2人の女性が死亡した痛ましい交通事故について,加害者にどのような量刑が科される可能性があるかを詳しく解説しています。

大久保弁護士

その他の掲載情報

新聞

  • 朝日新聞社 『朝日新聞』
  • 読売新聞社 『読売新聞』
  • 中日新聞社 『中日新聞』
  • 日刊スポーツ新聞社 『日刊スポーツ』
  • 産経新聞社 『サンケイスポーツ』
  • デイリースポーツ社 『デイリースポーツ』
  • 日刊現代 『日刊ゲンダイ』
  • 東京スポーツ新聞社 『東京スポーツ』
  • 日本工業新聞社 『フジサンケイビジネスアイ』

雑誌・フリーペーパー

  • 朝日新聞社 『AERA』
  • 小学館 『週刊ポスト』
  • 講談社 『週刊現代』
  • 扶桑社 『週刊 SPA!』
  • 主婦と生活社 『週刊女性』
  • 光文社 『女性自身』
  • 小学館 『女性セブン』
  • リクルート 『R25』

弁護士による交通事故無料相談実施中!

お問い合わせ:0120-250-742(ゼロイチニーゼロ ジコヲ ナシニ)

  • 交通事故の被害に関するご相談は何度でも無料です。
    治療中の方も安心してご相談ください。
  • 物損事故のみ,または,加害者の方からのご相談はお受けしておりません。
  • ご相談・ご依頼は安心の全国対応。どうぞ,お気軽にご相談ください。