交通事故被害者の慰謝料・弁護士への交通事故示談と賠償金に関する無料相談ナビ

お問い合わせ:0120−250−742(ゼロイチニーゼロ ジコヲ ナシニ)

交通事故の解決事例集

ケース9 ご高齢の被害者をサポート,付添看護料も含め合計約200万円の増額

Kさん(女性・87歳・無職/求職中)

事故時診断:指の複雑骨折・神経症状
後遺障害:併合12級

  提示金額 増額(倍) 弁護士交渉後
付添看護料¥0¥193,050
入院雑費¥86,9001.4¥118,500
入通院慰謝料¥1,078,3002¥2,116,283
後遺症慰謝料¥2,020,0001.4¥2,755,000
合計¥3,185,2001.6¥5,182,833
増額分¥1,997,633

Kさんは,左第2~5中手骨骨折による機能障害により後遺障害12級,左手指,左手のしびれにより後遺障害14級(併合12級)に認定されました。保険会社から示談の提示があった段階で,示談提示額の妥当性についてご相談いただいたケースです。

Kさんは事故当時87歳とご高齢であったことから,ご子息による付添看護が必要であったため,この点を中心に保険会社と交渉いたしました。

保険会社は,当初,当事務所からの申出に対し,訴訟も辞さない構えでしたが,Kさんの事故前後での生活状況の変化等を書面にまとめ,付添看護の必要性を訴えるなど地道に交渉を重ねたところ,付添看護が必要であった33日間につき,裁判所基準(裁判をしたならば認められる基準)の90%にあたる19万3050円の付添看護料が認められました。

また,入院雑費,入通院慰謝料,後遺症慰謝料についても,当初の提示は裁判所基準を大きく下回る提示であったところ,当事務所の交渉により,入院雑費については裁判所基準の満額,入通院慰謝料,後遺症慰謝料は裁判所基準の95%が認められました。

本件のように,被害者の方の年齢等によっては,職業付添人による付添看護だけではなく,ご家族による付添看護についても看護料が認められるケースもあります。

ケガの部位別の事例

等級別の事例

もっと詳しく知りたい方は
コチラのページもご覧ください

弁護士による交通事故 無料相談 実施中!

お問い合わせ:0120−250−742(ゼロイチニーゼロ ジコヲ ナシニ)
  • 費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり
  • ご相談・ご依頼は安心の全国対応。国内最多の80拠点。
  • 法律相談実績40万人のアディーレだからできる,安心サポート!

弁護士 篠田 恵里香

日本交通法学会・日本賠償科学会

日本交通心理学会・日本交通科学学会所属・東京弁護士会所属

弁護士 篠田 恵里香
お問い合わせ:0120−250−742(ゼロイチニーゼロ ジコヲ ナシニ)

ご相談は
何度でも無料です。
お気軽にお問い合わせください。

無料相談はこちら
メール