交通事故被害者の慰謝料・弁護士への交通事故示談と賠償金に関する無料相談ナビ

お問い合わせ:0120−250−742(ゼロイチニーゼロ ジコヲ ナシニ)

交通事故の解決事例集

ケース25 後遺症の慰謝料と逸失利益の合計が3倍以上に!

Iさん(男性・40歳・会社員)

事故時診断:外傷性頸部症候群・腰椎捻挫
後遺障害:14級9号

  提示金額 増額(倍) 弁護士交渉後
逸失利益¥0¥1,406,169
後遺症慰謝料¥750,0001.7¥1,100,000
調整金¥0¥3,831
合計¥750,0003.4¥2,510,000
増額分¥1,760,000

Iさんは,腰椎捻挫により後遺障害等級14級9号に認定されました。傷害部分はすでに示談済みで,後遺症(後遺障害)の示談交渉についてのみ,「保険会社からの提示金額がまったく上がらない」とのことで,ご相談をいただいたケースです。

当初,保険会社からは,「後遺障害の内容を考えると逸失利益はない。慰謝料は75万円で十分である」と言われ,合計で75万円の損害しか認めてもらえず,「納得がいかないのであれば,自賠責保険へ不服申し立てをするしか方法はない」の一点張りでした。

当事務所は,後遺症(後遺障害)の逸失利益を認めてもらうこと,後遺症(後遺障害)の慰謝料の金額を上げてもらうこと,を中心に保険会社と交渉しました。保険会社は交渉においても,「少なくとも逸失利益は2年間分しか認めない。これで示談できないのであればいったん白紙に戻す」と言って,訴訟も辞さない構えでした。しかし,Iさんの後遺障害の苦しみや補償の必要性を訴え,地道に交渉を重ねたところ,逸失利益については,裁判所基準(裁判をしたならば認められる基準)の満額である約140万円(現実収入約650万円×5%の5年間分),慰謝料については裁判所基準の満額110万円,合計で251万円が認められました。

本件のように,保険会社が金額を全く上げない姿勢を見せていても,粘り強く交渉することにより,3.4倍近くも増額し,裁判所基準の満額が認められるケースもあります。傷害部分が示談済みだったので交渉はできませんでしたが,本来ならば傷害部分についても,示談前にご相談いただければ増額の可能性があったケースでした。

ケガの部位別の事例

等級別の事例

もっと詳しく知りたい方は
コチラのページもご覧ください

弁護士による交通事故 無料相談 実施中!

お問い合わせ:0120−250−742(ゼロイチニーゼロ ジコヲ ナシニ)
  • 費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり
  • ご相談・ご依頼は安心の全国対応。国内最多の80拠点。
  • 法律相談実績40万人のアディーレだからできる,安心サポート!

弁護士 篠田 恵里香

日本交通法学会・日本賠償科学会

日本交通心理学会・日本交通科学学会所属・東京弁護士会所属

弁護士 篠田 恵里香
お問い合わせ:0120−250−742(ゼロイチニーゼロ ジコヲ ナシニ)

ご相談は
何度でも無料です。
お気軽にお問い合わせください。

無料相談はこちら
メール