交通事故被害者の慰謝料・弁護士への交通事故示談と賠償金に関する無料相談ナビ

お問い合わせ:0120−250−742(ゼロイチニーゼロ ジコヲ ナシニ)

交通事故の解決事例集

ケース51 弁護士の交渉によって,入通院慰謝料を約1.7倍の増額に成功!!

Yさん(男性・42歳・自営業/会社役員)

事故時診断:頸椎捻挫(むち打ち)
後遺障害:後遺障害なし

  提示金額 増額(倍) 弁護士交渉後
治療費¥913,8331.0¥913,833
通院交通費¥19,2001.0¥19,200
入通院慰謝料¥706,0001.7¥1,166,400
休業損害¥604,3211.0¥604,321
合計¥2,243,3541.2¥2,703,754
増額分¥460,400

乗用車に乗っていたYさんは,交差点で信号待ちのため停車していたところ,後方から来た乗用車に追突されてしまい,頸椎捻挫(むち打ち)のケガを負いました。

Yさんは,この交通事故が原因で,常に首と肩が痛む状態となってしまいました。電気工事の仕事でも,この症状のせいで業務に支障を来たしてしまい,また,趣味のサーフィンも我慢せざるを得なくなりました。事故に遭ってから,Yさんは辛い治療の日々を過ごすことになってしまったのです。

交通事故から半年くらい経過したころ,Yさんは加害者と直接話をする機会がありました。しかし,Yさんが加害者に対して「まだ通院しているし,痛みがなかなか消えない」と話したところ,加害者からは「本当は2~3ヵ月でもう治っているんじゃないのか?」など心無い言葉をかけられ,Yさんの我慢は限界に達してしまいました。

本件は,このような状況の中,Yさんから何とか慰謝料を増額してほしいとのご要望によりご相談いただいたケースになります。

そして,当事務所が粘り強く交渉を重ねた結果,入通院慰謝料については,当初,保険会社からの提示された示談金額の約1.7倍,46万円を増額させることができました。これは,本件のケースにおける裁判所基準(裁判をしたならば認められる基準)の満額となります。

全てのケースが,裁判所基準の満額で示談できるわけではありませんが,弁護士の交渉次第では,その満額を保険会社に支払わせることができる場合があります。まずはご相談ください。

ケガの部位別の事例

等級別の事例

もっと詳しく知りたい方は
コチラのページもご覧ください

弁護士による交通事故 無料相談 実施中!

お問い合わせ:0120−250−742(ゼロイチニーゼロ ジコヲ ナシニ)
  • 費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり
  • ご相談・ご依頼は安心の全国対応。国内最多の83拠点。
  • 法律相談実績45万人のアディーレだからできる,安心サポート!

弁護士 篠田 恵里香

日本交通法学会・日本賠償科学会

日本交通心理学会・日本交通科学学会所属・東京弁護士会所属

弁護士 篠田 恵里香
お問い合わせ:0120−250−742(ゼロイチニーゼロ ジコヲ ナシニ)

ご相談は
何度でも無料です。
お気軽にお問い合わせください。