交通事故被害者の慰謝料・弁護士への交通事故示談と賠償金に関する無料相談ナビ

お問い合わせ:0120−250−742(ゼロイチニーゼロ ジコヲ ナシニ)

交通事故の解決事例集

ケース99 弁護士に示談交渉を依頼すれば,賠償金の増額が期待できます!

Oさん(女性・41歳・主婦)

事故時診断:右膝関節打撲傷・左腸骨部打撲傷・肋骨骨折の疑い・胸部打撲・血気胸の疑い・頸椎捻挫(むち打ち)
後遺障害:14級9号

  提示金額 増額(倍) 弁護士交渉後
治療費-¥803,442
通院交通費-¥195,970
休業損害-¥1,534,240
入通院慰謝料-¥1,272,000
逸失利益-¥757,623
調整金-¥119,037
後遺症慰謝料-¥1,100,000
合計-¥5,782,312
増額分¥5,782,312

Oさんは,乗用車で道路を走行していたところ,対向車線から居眠り運転のためにセンターラインを越えてきた加害車両に正面から衝突され,頸椎捻挫(むち打ち),胸部打撲などのケガを負い,整形外科への通院を余儀なくされました。その後,事故から約7ヵ月経過し,医師から症状固定と判断されましたが,首から肩・腰にかけての痛みが残ってしまったため,後遺障害等級の認定を申請し,14級9号の認定を受けました。

しかし,Oさんにはかなりの痛みが残っており,14級という認定がはたして妥当なのか,また,今後十分な賠償を受けられるのか,非常に心配になりました。そこで,弁護士に相談しようということで,当事務所にご相談をいただきました。

Oさんからの資料を拝見する限り,14級9号という等級認定は妥当でした。しかし,加害者側の保険会社から提示されるだろう金額は,各保険会社が定めている自社の支払基準(任意保険基準)に基づくものが一般的であるので,十分な賠償を受けるためには弁護士が交渉した方が良い,とご案内しました。

Oさんからご依頼を受けた当事務所が示談交渉に取り掛かると,予想通り,当初は非常に低い金額しか提示されませんでしたが,最終的には裁判所基準(裁判をしたならば認められる支払基準)に近い金額を認めさせることができました。また,逸失利益についても,労働能力喪失期間を3年間と主張されていましたが,5年間にまで引き延ばすことに成功しました。

このように,弁護士に事故後の示談交渉をご依頼いただければ,十分な賠償を受けるための賠償金の増額交渉を行います。まずは当事務所までお気軽にご相談ください。

ケガの部位別の事例

等級別の事例

もっと詳しく知りたい方は
コチラのページもご覧ください

弁護士による交通事故 無料相談 実施中!

お問い合わせ:0120−250−742(ゼロイチニーゼロ ジコヲ ナシニ)
  • 費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり
  • ご相談・ご依頼は安心の全国対応。国内最多の80拠点。
  • 法律相談実績40万人のアディーレだからできる,安心サポート!

弁護士 篠田 恵里香

日本交通法学会・日本賠償科学会

日本交通心理学会・日本交通科学学会所属・東京弁護士会所属

弁護士 篠田 恵里香
お問い合わせ:0120−250−742(ゼロイチニーゼロ ジコヲ ナシニ)

ご相談は
何度でも無料です。
お気軽にお問い合わせください。

無料相談はこちら
メール