交通事故被害者の慰謝料・弁護士への交通事故示談と賠償金に関する無料相談ナビ

お問い合わせ:0120−250−742(ゼロイチニーゼロ ジコヲ ナシニ)

交通事故の示談で気をつけるべきこと

交通事故にあわれた方は、ケガの治療のために通院し、治療が終わると加害者側の保険会社から、「示談しませんか?」と持ち掛けられます。このとき、「相場がわからない。提示された金額は妥当なのか?」、「このまま示談していいのか?」と疑問に思う方が多いようです。
そこで今回は、示談する前に押さえておくべきポイントを、交通事故に詳しい弁護士が解説いたします!

今回の記事でわかること
  • 示談とは何かがわかる
  • 示談で気をつけるべきことがわかる
  • 妥当な慰謝料金額がわかる

示談ってなに?損害賠償請求の基本知識

示談とは?

示談とは、民事上の紛争を当事者同士が話合いで解決することをいい、 法律上は和解契約(民法第695条)に当たります。交通事故においては、被害者が加害者に対して、「このくらいの損害賠償金を支払ってくれれば、この事故の件は解決としますよ」と約束することをさします。

交通事故の示談方法

交通事故では、下記のような示談方法が一般的です。

  • 加害者側の保険会社から送られてきた示談書(免責証書・承諾書)にサインする
  • 交渉などを自分が加入する保険会社に任せて、話をつけてもらう

ただし、ごくまれに保険会社の担当者から、示談するかどうかの意向確認を電話等で行われることがあります。これに安易に応じてしまうと「示談に応じた」とみなされ、以後異議を唱えたところで保険会社が対応してくれなくなるというケースがあるため、注意が必要です。

示談する際の注意点

交通事故にあった被害者の多くは、「事故のことを早く忘れたい」、「交渉が長引いて示談金の受取りが遅くなるのもちょっと…」と、ついつい示談書にサインをしてしまうこともあると思います。
しかし、加害者の保険会社から送られてきた示談書にサインすると、当然ながら示談が成立してしまいますので、あとで「慰謝料の金額が低かった」、「立て替えた治療費が支払われていなかった」といった問題が生じても、原則やり直すことはできません(民法第696条)。
また、本当は後遺症が残っているのに自分では気づかずに、「後遺症が残るほどケガはひどくなかった」と考えて示談してしまい、のちに重大な症状が発現することがありますので、こちらも注意が必要です。
したがって、示談書に支払われる金額や項目が正しく、そしてもれなく記されているか確認することが重要です。示談していいか迷われている方は、示談書にサインをする前に、必ず一度は弁護士に相談されることを強くおすすめいたします。

ちょっと待ってその示談!弁護士が教える慰謝料の相場

保険会社は被害者の味方?

多くの交通事故の被害者にとって、保険会社の担当者は手続を円滑に進めてくれますし、被害者から主張しなくともある程度の賠償金額を支払ってくれますので、担当者を信用して示談に応じてしまうということはよくあることです。

もちろん、被害者の方が納得できる内容であれば問題ないのですが、保険会社は交通事故の損害賠償問題について知識や経験が豊富な、いわば「交通事故対応のプロ」です。しかも、保険会社は会社の利益を追求する立場ですので、被害者の立場からして本当に受け取るべき金額を提示しているとは限りません。

賠償金支払いのうえで過少評価されないために、慰謝料の基準や相場を押さえておきましょう。

慰謝料の基準となる計算方法とは?

慰謝料の計算方法は、大きく3つの基準に分類できます。
強制保険で、最低限の補償を目的とした「自賠責基準」、保険会社が任意で設定している「任意保険基準」、そして裁判で用いられる金額を基にしている「裁判所基準」です。

一般的には下記のように、自賠責保険基準より任意保険基準、任意保険基準より裁判所基準が高額とされています。

「自賠責保険基準」 < 「任意保険基準」 < 「裁判所基準」

ここからは、基準ごとの特徴を見ていきましょう。

1 自賠責保険基準の慰謝料

まず、自賠責保険基準での慰謝料計算について、基本的には「通院日数の2倍または通院期間」のうちいずれか少ないほうの日数で計算します。なお、1日あたりの慰謝料は4,300円(2020年4月1日改定)とされています。

たとえば、通院日数が42日、通院期間が180日(半年)だった場合、通院日数の2倍「42日×2=84日」と、通院期間「180日」を比較すると84日のほうが少ないですよね。そのため、自賠責保険基準の慰謝料は、「84日×4,300円=36万1,200円」となるわけです。
また、自賠責保険基準で支払いができる金額には上限がありますので、自賠責保険基準で計算した金額がほかの基準を上回ることは滅多にありません。

自賠責の詳しい基準が知りたい方はこちら

2 任意保険基準の慰謝料

次に、任意保険基準での計算についてです。任意保険会社が個人向けに提示する慰謝料は、治療の期間や通院日数、治療状況等を勘案して決められることが通常です。

過去には、通院期間をベースとした任意保険基準が存在していましたが、現在は保険会社ごとに独自の基準を定めており、その基準は一般には公開されていません。そのため、すべての保険会社が一律で設けている基準は存在しませんが、おおむね「自賠責保険基準」と「裁判所基準」との中間あたりで計算された金額であることが多いようです。
また、実際にアディーレ法律事務所に相談された方の保険会社から提示された慰謝料を見ると、現在でも旧基準に準じていると思われる事例も多くあります。そのため、上述した1の自賠責保険基準と、後述する3裁判所基準の中間あたりを目安にするとよいでしょう。

(旧基準)任意保険基準による入通院慰謝料の相場
治療月数 入院慰謝料 通院慰謝料
1ヵ月 25万2,000円 12万6,000円
2ヵ月 50万4,000円 25万2,000円
3ヵ月 75万6,000円 37万8,000円
4ヵ月 95万8,000円 47万9,000円
5ヵ月 113万4,000円 56万7,000円
6ヵ月 128万5,000円 64万3,000円
7ヵ月 141万1,000円 70万6,000円
8ヵ月 152万5,000円 76万9,000円
9ヵ月 162万5,000円 81万9,000円
10ヵ月 170万1,000円 86万9,000円
11ヵ月 177万7,000円 90万7,000円
12ヵ月 184万円 93万2,000円
13ヵ月 189万円 95万8,000円
14ヵ月 192万8,000円 98万3,000円
15ヵ月 196万6,000円 100万8,000円

3 裁判所基準の慰謝料

最後に、弁護士に依頼して、保険会社に慰謝料を請求するケースです。この場合は、「裁判所基準」を用いて請求していくことになります。
「裁判所基準」は、裁判上で用いられる基準を採用しているため、任意で行われる示談交渉の段階では、弁護士が交渉したら必ず受け取れる金額というわけではありません。しかし、裁判が本業の一つと言える弁護士が、裁判所基準を用いて請求することによって、比較的早い段階で、裁判で認められる賠償額に近い金額が提示されることが多くなります。

なお、交通事故の被害者が弁護士に依頼せず、自分で保険会社の担当者に対して、「インターネットで裁判所基準があると知りました。慰謝料は裁判所基準で算定してください。」と主張しても、裁判を前提とした交渉ではないことを理由に門前払いされることでしょう。
したがって、「裁判所基準」で慰謝料を請求していく場合には、弁護士に相談されることを強くおすすめいたします。

具体的な裁判所基準は、以下のとおりです。

裁判所基準の慰謝料計算方法
通常の基準
別表 Ⅰ 入院 通院
1ヵ月 28万円 53万円
2ヵ月 52万円 101万円
3ヵ月 73万円 145万円
4ヵ月 90万円 184万円
5ヵ月 105万円 217万円
6ヵ月 116万円 244万円
7ヵ月 124万円 266万円
8ヵ月 132万円 284万円
9ヵ月 139万円 297万円
10ヵ月 145万円 306万円
11ヵ月 150万円 314万円
12ヵ月 154万円 321万円
13ヵ月 158万円 328万円
14ヵ月 162万円 334万円
15ヵ月 164万円 340万円
打撲、捻挫、むちうち症など
別表 Ⅱ 入院 通院
1ヵ月 19万円 35万円
2ヵ月 36万円 66万円
3ヵ月 53万円 92万円
4ヵ月 67万円 116万円
5ヵ月 79万円 135万円
6ヵ月 89万円 152万円
7ヵ月 97万円 165万円
8ヵ月 103万円 176万円
9ヵ月 109万円 186万円
10ヵ月 113万円 195万円
11ヵ月 117万円 204万円
12ヵ月 119万円 211万円
13ヵ月 120万円 218万円
14ヵ月 121万円 223万円
15ヵ月 122万円 228万円

公益財団法人 日弁連交通事故相談センター東京支部 発行
『民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準』上巻(基準編)より抜粋。

こちらは、交通事故を扱う弁護士なら必携と言われる、通称『赤い本』という書籍からの抜粋です。通常は「別表Ⅰ」を用いて計算しますが、症状が打撲や捻挫、むちうち症などの場合は「別表Ⅱ」を用いて計算します。打撲や捻挫、むちうち症などの場合は、骨折や著しい障害が残った方に比べて少額となりますが、それでも自賠責保険基準・任意保険基準より高額となるのが通常です。

打撲、捻挫、むちうち症など
裁判所基準 保険会社基準 自賠責保険基準
基準 別表 Ⅰ 別表 Ⅱ 旧基準 通院日数の2倍
6ヵ月(半年) 116万円 89万円 64万3,000円 33万6,000円

裁判所基準とされているもののうち、『赤い本』のほかにも複数の計算方法があり、地域等で『青本』や『緑本』といった計算方法も存在します。

まとめ

今回は、交通事故の示談で気をつけるべきポイントを解説しました。
交通事故に強い弁護士なら、慰謝料はもちろん、それ以外の損害についてもしっかりと請求していきます。また、それ以外にも保険会社とのやり取りをしたり、被害者の方が自分では気づけない損害を弁護士が発見したりすることもありますので、弁護士に相談することで得られる、金銭的・精神的なメリットは多くあります。

つまり、保険会社という示談交渉の「プロ」を相手にするには、こちらも交渉が得意な法律の「プロ」に依頼することが非常に有効なのです。
いざ弁護士に依頼するとなれば、費用面が気になるという方もいらっしゃると思います。そこで、保険会社の「弁護士費用特約」というサービスを使えば、弁護士費用の自己負担が不要になったり、軽減されたりするなど、安心のサポートがあります。ぜひご活用ください。

仕事で忙しく時間がないという方でも、電話一本で気軽にお問い合わせできます。ご相談は何度でも無料ですので、まずは一度ご連絡ください。

もっと詳しく知りたい方は
コチラのページもご覧ください

弁護士による交通事故 無料相談 実施中!

お問い合わせ:0120?250?742(ゼロイチニーゼロ ジコヲ ナシニ)
  • 費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり
  • ご相談・ご依頼は安心の全国対応。国内最多の60拠点以上。

弁護士 正木 裕美

愛知県弁護士会所属

弁護士 正木 裕美
お問い合わせ:0120−250−742(ゼロイチニーゼロ ジコヲ ナシニ)

ご相談は何度でも無料です。
Webやお電話でのご相談OK!
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ:0120−250−742(ゼロイチニーゼロ ジコヲ ナシニ)