PROFILE NAME
アディーレ法律事務所
弁護士 長谷川 裕子のご紹介

長谷川 裕子

弁護士

長谷川 裕子 はせがわ ゆうこ
資格
弁護士
所属
第二東京弁護士会
所属支店
池袋本店
出身
福岡県
出身大学
東京大学法学部、上智大学法科大学院
所属委員会等
国際委員会

ご挨拶

法律相談にいらっしゃった方のお話を聞いていると、「あともう少し早くお話しいただけていたら、対処法はもっといろいろあったのに…」と悔やまれることが往々にしてあります。皆さんに多くの選択肢を提供していくためにも、法律事務所をより身近で相談しやすいものにできるよう貢献していければと思っております。

私のキーワード

その1「新聞」

紙の新聞を購読しています。時流に乗り遅れないことと、掃除のときに何かと役立つ紙を入手することが目的です。ついつい何日か読めずにいるうちに部屋に堆く新聞の山ができて、当日分とあわせて古新聞も読む羽目になります。古新聞は情報が古いので流し読みで済まそうとするのですが、小さな広告にすら興味深い内容があることも多く、ぞんざいにできないのが悩みです。

その2「鳩」

街で見かける鳩の姿に癒やされています。寒い時季に暖を取るために羽根を膨らませた姿も、暖かくなってスリムになった姿も、それぞれに季節の趣があります。足をケガしている鳩もたまにいますが、多少不自由そうにしつつも地面を踏ん張っている姿には感動すら覚えます。人にとっては迷惑な存在と捉えられることも少なくない鳥ですが、力強く生きているところを見ると元気づけられます。

その3「旅行」

大学生の頃から一人旅が好きで、よく計画を立てています。無茶な旅程が頓挫しても交通機関が遅れても困るのは自分だけなので、勝手気ままに予定を変更しながら柔軟に楽しんでいます。普段は電車の1分の遅れにすら焦燥感を覚えるのに、せわしない日常から解放されると予定外の出来事も旅の醍醐味と思えてくるのが、自分のことながら身勝手で愉快です。

もしも交通事故に遭ってしまったら...
弁護士にご相談ください
ご依頼者の約70%
治療中に無料相談
利用しています

※2016/6/1〜2021/8/31。
お電話いただいた方のうち「治療中」と回答された方の割合です。

治療中に弁護士へ相談する
3つのメリット
  • 01慰謝料が大幅に増額する可能性があります
  • 02適正な等級認定を獲得するためのアドバイスを聞けます
  • 03難しい手続きを弁護士に任せ、安心して治療に専念できます