PROFILE NAME
アディーレ法律事務所
弁護士 肥田 あゆみのご紹介

肥田 あゆみ

弁護士

肥田 あゆみ ひだ あゆみ
資格
弁護士、医師、医学博士、神経内科専門医、総合内科専門医、産業医、臨床研修指導医
所属
第一東京弁護士会
所属支店
池袋本店
出身
青森県
出身大学
弘前大学医学部、東京大学大学院医学系研究科

ご挨拶

はじめまして。弁護士の肥田あゆみと申します。私はこれまで医師として働いてきました。医療を行うにあたって法的問題に直面することが多々あり、「医療と法律の架け橋のような存在になりたい」と考え、弁護士資格を取得しました。現在は医師と弁護士を兼業しております。これまでの医師としての経験も活かしながら、問題解決のために尽力したいと思います。

私のキーワード

その1「脳神経内科」

私の医師としての専門は脳神経内科です。脳神経内科は内科のなかではややマイナーな領域で、脳神経外科と間違えられることも多いです。一般の方に比較的身近な疾患としては、認知症、パーキンソン病、脳梗塞、頭痛、てんかんなどを取り扱っています。また、希少疾患である神経難病も取り扱います。脳神経内科領域は、ほかの内科領域と比較して治療法が少ないことや、根本的な治療法がないことが多いため、その分、患者さまとのコミュニケーションを大切にしてきました。今後は、医師として培ってきた経験を弁護士業務に活かし、依頼者の方とのコミュニケーションを大切にして、研鑽を積みたいと考えています。

その2「努力と工夫」

私は努力することが好きです。予備試験や司法試験の勉強も、医師の業務と両立しながらコツコツと努力しました。また、勉強法を自分なりに工夫して編み出すことも好きです。司法試験においては、少ない時間を最大限に活用するために勉強法を工夫したり、試験本番の解法テクニックを工夫したりすることで、一回の受験で合格することができました。これからも努力と工夫を組み合わせて、さまざまな局面を乗り切っていきたいと思います。

その3「花」

私はスポーツが得意ではなく、趣味のほとんどがインドア系です。そのなかでも、生け花は以前お稽古に通っていたことがあり、一応、師範の免状を取得しております。司法試験の受験をきっかけにお稽古はやめてしまったのですが、今でも時々、スーパーなどで花を買い、生けて楽しんでいます。花は生活のなかにささやかな癒しをもたらしてくれています。

もしも交通事故に遭ってしまったら...
弁護士にご相談ください
ご依頼者の約70%
治療中に無料相談
利用しています

※2016/6/1〜2021/8/31。
お電話いただいた方のうち「治療中」と回答された方の割合です。

治療中に弁護士へ相談する
3つのメリット
  • 01慰謝料が大幅に増額する可能性があります
  • 02適正な等級認定を獲得するためのアドバイスを聞けます
  • 03難しい手続きを弁護士に任せ、安心して治療に専念できます