PROFILE NAME
アディーレ法律事務所
弁護士 石堂 喜久次のご紹介

石堂 喜久次

弁護士

石堂 喜久次 いしどう きくじ
資格
弁護士、宅地建物取引士、旅行業務取扱管理者
所属
東京弁護士会
所属支店
池袋本店
出身
大分県
出身大学
同志社大学法学部
所属委員会等
憲法問題対策センター、弁護士活動領域拡大推進本部

ご挨拶

依頼者の方のご希望を実現するため、同じ立場や目線に立って、誠実に仕事を進めていきたいと考えております。弁護士ならではの専門的な知識と経験で、依頼者の方のニーズに全力でお応えしてまいります。ぜひお気軽にご相談ください。

私のキーワード

その1「Twitter」

世間で起こっている出来事について、時間があれば、Twitterで意見や感想をツイートしています。日本の政治・外交・事件等で気になることがあると、いてもたってもいられず、ついツイートしてしまいます。でも、その視点は、健全な社会や日本の繁栄を願ってのツイートであり、個人的な利害関係でつぶやくことはあまりありません。この一言は小さい存在かもしれませんが、見た人の心に残り、少しでも明るい社会になってもらいたいと思ってツイートしています。

その2「城めぐり」

私の趣味は、城めぐりです。特に、1550年から1600年までの戦国時代や織豊期(織田信長と豊臣秀吉が中央政権を握っていた、安土桃山時代のこと)に造られた城が好きです。山城もあり、平城もあり、今までに50以上の城に行っています。城の全貌を見ることはもちろん、そこではどのような城主が住んでいて、どのような合戦が行われたのかを知ることも興味深いものです。これは、ゲーム「信長の野望シリーズ」の影響かもしれませんが、きっかけがどうであれ、その時代の人間の営みに想像をめぐらすのは楽しいです。

その3「正義感」

自分の性格は、正義感が強いと言えるかもしれません。「大人なんだから、もっと妥協しなければならないよ」なんて周囲から忠告されそうですが、歴史好きな自分は、歴史観を踏まえて、ある出来事に不正があると見逃せないのが性分です。特に、政治家が不正を働くのは、許せなくなります。また、その日の暮らしに困っている方もいるなかで、政治家が勝手気ままに、私腹を肥やしているのを見ると憤りを覚えます。少し大人げない部分もあるかもしれませんが、世のなかが健全であることを願って、あえてその性分を貫いていこうと思っています。

もしも交通事故に遭ってしまったら...
弁護士にご相談ください
ご依頼者の約70%
治療中に無料相談
利用しています

※2016/6/1〜2021/8/31。
お電話いただいた方のうち「治療中」と回答された方の割合です。

治療中に弁護士へ相談する
3つのメリット
  • 01慰謝料が大幅に増額する可能性があります
  • 02適正な等級認定を獲得するためのアドバイスを聞けます
  • 03難しい手続きを弁護士に任せ、安心して治療に専念できます