PROFILE NAME
アディーレ法律事務所
司法書士 石塚 由貴のご紹介

石塚 由貴

司法書士

石塚 由貴 いしつか ゆき
資格
司法書士(簡裁訴訟代理権認定)、宅地建物取引士(有資格)
所属
東京司法書士会
所属支店
池袋本店
出身
愛知県
出身大学
新潟大学法学部

ご挨拶

たとえ専門的な分野でも、インターネットで調べれば、誰もがいろいろな情報にアクセスできる時代です。法律問題について解説するテレビ番組も多くあります。しかし、現実に起こったケースに対し、どの法律が当てはまって、どういった解決方法があって、それぞれにどんなメリット・デメリットがあるのか、判断するのはとても難しいことです。だからこそ、法律に関する専門家がいます。悩んだら、ぜひ一度弁護士や司法書士に相談してみてください。思いもよらぬ方法で、問題が解決することもあるかもしれません。

私のキーワード

その1「『ファウジーヤの叫び』」

高校生の頃に、『ファウジーヤの叫び』(ファウジーヤ カシンジャ/レイリ・ミラー バッシャー共著)という本を読みました。アフリカのとある部族の慣習である、「FGM(女子割礼)」から逃れるために亡命した少女が、弁護士の助けを借りて、自由を取り戻しながら生きていくノンフィクション小説です。これを読んで、「弁護士って超かっこいい!」と思い、大学では法学部に進学しました。結局、私は司法書士になったのですが、思えば同作との出会いが、法律職を目指したきっかけのひとつでした。

その2「レモン味」

レモンそのものではなく、レモン味のケーキやチョコレートが好きです。私が小さい頃は、ヤマザキビスケットの「レモンパック」が代表的で(これも好きでよく食べていました)、ほかにレモン味のお菓子は少なかったような気がします。最近はどんどん増えているので、“レモン味好き”としては嬉しい限りです。

その3「叙述ミステリー」

「男性だと思っていた人物が実は女性だった」や「2人だと思っていた登場人物が実は3人だった」など、“叙述トリック”が使われた、文章でだまされる系のミステリー小説が面白くて好きです。きれいにだまされて、作品を存分に楽しむためにも、最初からあまり疑わずに読むようにしています。

もしも交通事故に遭ってしまったら...
弁護士にご相談ください
ご依頼者の約70%
治療中に無料相談
利用しています

※2016/6/1〜2021/8/31。
お電話いただいた方のうち「治療中」と回答された方の割合です。

治療中に弁護士へ相談する
3つのメリット
  • 01慰謝料が大幅に増額する可能性があります
  • 02適正な等級認定を獲得するためのアドバイスを聞けます
  • 03難しい手続きを弁護士に任せ、安心して治療に専念できます