PROFILE NAME
アディーレ法律事務所
弁護士 河口 拓也のご紹介

河口 拓也

弁護士

河口 拓也 かわぐち たくや
資格
弁護士,行政書士(有資格),宅地建物取引士(有資格)
所属
東京弁護士会
所属支店
池袋本店
出身
静岡県
出身大学
早稲田大学法学部

ご挨拶

人それぞれに悩みはあります。場合によっては家族にさえ打ち明けられずに悩んでおられる方もあるかと思います。一歩踏み出して弁護士に相談してみるのはどうでしょうか。弁護士に相談するということは、それまでにいろいろ悩まれてきたことと考え、真摯に全力で対応してまいります。そして、分かりやすい言葉で時間をかけて説明いたします。いろいろな解決方法が出てくると思いますので、それらを一つずつ吟味していきましょう。

私のキーワード

その1「好奇心」

時間が許せば図書館でランダムに本を手に取ります。目をつぶって棚から本を手に取り、借りることもあります。自分の興味に任せているとどうしても「偏り」が生じてきます。そこで、あえて、本の選択を天に任せるのです。いつぞやは選んだ本が、禅の本でした。それをきっかけに仏教に興味を持つようになりました。弁護士が扱う事件には皆それぞれ固有の背景があります。そういったものに柔軟に対応するためにも、何にでも関心を持てるようになりたいと思っています。

その2「「変わらない」ということ」

私は、「原点」という言葉が好きです。簡素ではあるが、核心をついた価値観、それが「原点」です。今まで生きたきた中で、変わらない価値観があると、これからも「原点」として大事にしていきたいと思うのです。仕事や勉強で迷った時は、この「原点」に戻って考えてきました。たとえば、私はラーメンが好きで、このことは子どものころから全く変わりがありません。行列店に行くことは稀で、どちらかというと混んでいないけれども、自分が美味しいと思う店に通います。なお、1週間仕事が終わったときは、自分に対するご褒美としてビールをつけるのがささやかな楽しみです。

その3「散歩」

何かアイデアが欲しいとき、散歩に出かけます。考えながらひたすら歩きます。1、2時間歩いて、結局何も思い浮かばないこともあるのですが、頭がすっきりします。雨や風が強い日は家の中をうろうろします。傍から見ると変人かもしれません。休みの日に、里山や古城跡でうろうろするのもかなり好きです。海辺をうろうろするのはもっと好きです。なお、私の家には猫がいますが、猫が家の中をのそのそ歩いてパトロールしているのを見ると、自分と重なって見えてくるのが面白いです。

もしも交通事故に遭ってしまったら...
弁護士にご相談ください
ご依頼者の約70%
治療中に無料相談
利用しています

※2016/6/1〜2021/8/31。
お電話いただいた方のうち「治療中」と回答された方の割合です。

治療中に弁護士へ相談する
3つのメリット
  • 01慰謝料が大幅に増額する可能性があります
  • 02適正な等級認定を獲得するためのアドバイスを聞けます
  • 03難しい手続きを弁護士に任せ、安心して治療に専念できます