PROFILE NAME
アディーレ法律事務所
弁護士  村松 優子のご紹介

村松 優子

弁護士 

村松 優子 むらまつ ゆうこ
資格
弁護士
所属
愛知県弁護士会
所属支店
名古屋支店
出身
愛知県
出身大学
愛知大学法学部
所属委員会等
貧困問題・多重債務対策本部

ご挨拶

私は,司法試験を目指した当初から,親しみやすい法律家になりたいと考えていました。それは,私自身が弁護士に対して,なんとなく敷居が高そうというイメージを抱いていたからです。私は,司法試験に合格した後,学生時代の友人から,合格しても何にも変わらないね,安心したと言われました。弁護士になった後も,昔と変わらないねと言われ続けたいです。私は,ただすこし法律を勉強しただけで,そのほかは普通の人と何ら変わりはありません。なので,どんなことでも気軽に相談してください。

私のキーワード

その1「家族」

家族ととても仲がよいことが、私の自慢です。司法試験の受験時代にも、家族には随分と助けてもらいました。そのお陰で、私は司法試験に無事合格することができたと思っています。これからは、私が家族のみんなを助け、支えていきたいと考えています。両親は、私の目標です。両親のような家族をつくり上げていくのが、私の夢です。

その2「バレーボール」

学生時代は、バレーボール部に所属していました。高校のときには、キャプテンも務めました。つらいことがたくさんあり、何度もやめたいと思いましたが、幸運にもよい仲間に囲まれ、最後までやり遂げることができました。司法試験の受験勉強を乗り越えられたのも、バレー部での経験があったからこそだと思います。バレー部の仲間とは、今でも大の仲良しで定期的に集まっています。私の結婚式には最高の余興をしてくれた最高の仲間です!

その3「野球」

野球を見るのが大好きです。大学がナゴヤドームの近くにあったので、よく野球観戦に行っていました。弁護士になってからも、時間を見つけてこれからも野球観戦したいと考えています。もちろん、地元の中日ファンです。2010年の中日は、日本シリーズで残念な結果となりましたが…。いつか必ず、完全制覇できることをファンとして願っています。

もしも交通事故に遭ってしまったら...
弁護士にご相談ください
ご依頼者の約70%
治療中に無料相談
利用しています

※2016/6/1〜2021/8/31。
お電話いただいた方のうち「治療中」と回答された方の割合です。

治療中に弁護士へ相談する
3つのメリット
  • 01慰謝料が大幅に増額する可能性があります
  • 02適正な等級認定を獲得するためのアドバイスを聞けます
  • 03難しい手続きを弁護士に任せ、安心して治療に専念できます