MAP
岡崎支店

アディーレ法律事務所は全国対応です当事務所は、国内の法律事務所では最多となる60拠点以上を構えており、全国各地から寄せられるご相談に対応しております。

  • ※拠点数および弁護士数は、弁護士法人アディーレ法律事務所と弁護士法人AdIre法律事務所の合計です。

支店情報

住所

〒444-0864
愛知県岡崎市明大寺町字川端19-13
山七東岡崎ビル3F

受付時間

朝9時~夜10時 土日祝日休まず受付
TEL:0120-250-742

支店長

藤田 誓史
弁護士
藤田 誓史

ふじた ちかふみ

資格:弁護士
所属:愛知県弁護士会
出身:新潟県

アクセス

電車をご利用の場合

名鉄名古屋本線「東岡崎駅」北口から徒歩1分

駐車場

アディーレにお越しの際は、下記の駐車場を無料でご利用いただけます。

タイムズ東岡崎駅前
愛知県岡崎市明大寺町川端9

キッズスペース

あり

店舗からのご挨拶

アディーレ法律事務所 岡崎支店は、多くの方に気軽にご来所いただけるよう、名鉄東岡崎駅の駅前「山七東岡崎ビル」にオフィスがございます。岡崎駅からは地下道を通ってすぐですし、近くに無料の提携駐車場もございますので、お車でお越しいただく場合にも便利です。

これまで同じ愛知県内でも、名古屋支店はすこし遠くて…とご相談をためらわれていた方にとっても、より『身近な』法律事務所としてご利用いただけるよう、愛知県下で2番目の支店です。キッズスペース付きの相談室を設置するなど、お子さま連れでも安心してご来訪いただけるよう、より相談しやすい環境を整えております。

相談者の方お一人お一人のお話やご要望を丁寧に伺い、最善の解決策を提案させていただき、心晴れやかに帰路についていただくことを第一と考えております。皆さまにとって『身近な』法律事務所を目指し、弁護士・事務員が一丸となってサポートいたします。ぜひお気軽にご相談ください。

到着されましたら受付の電話でご連絡ください。ご相談は個室で承っております。

愛知県の当事務所のご案内

こちらが愛知県にある当事務所の支店になります。いずれの支店も、ご相談しやすいよう駅近くの場所にあり、無料駐車場も完備しています。

愛知県で交通事故を弁護士に相談するメリットをご存知ですか?

3つのポイント

  • MERIT 01
    慰謝料が増額される可能性が⾼い
    ご相談時に必ず弁護士費用について明確にご案内します。弁護士報酬は、解決して賠償金の受け取り後にいただきます。なお、示談金額の増額分が弁護士報酬に満たない場合には、不足分はいただきませんので、費用倒れの心配はありません。
  • MERIT 02
    保険会社や
    加害者への対応や
    ⼿続きを⼀任できる
    事故直後の対応から始まり、治療中のアドバイス、治療費の早期打ち切りや症状固定時期への対応、過失割合の調査、損害賠償額の計算、後遺障害の等級認定申請や異議申立、認定された等級に基づく保険会社との示談交渉や訴訟までをフルサポートいたします。
  • MERIT 03
    適正な後遺障害等級を
    獲得できる
    アディーレ法律事務所では、交通事故被害に関する相談料・初期費用を無料としております。被害者の方からのご相談は何度でも無料であり、全国どこからでも通話料無料のフリーコールにて承っております。

愛知県で交通事故をアディーレにご相談する場合の流れ

アディーレ法律事務所では、交通事故の被害者へのご支援・お力添えに全力で取り組んでおります。交通事故の被害者の方からのご相談は何度でも無料です。どうぞお気軽にご相談ください。弁護士との無料相談は、お電話によるご相談と直接お会いしてのご相談と2つの方法がございます。まずは、ご相談のご予約をお取りください。

愛知県で発生した交通事故件数推移

  • 警察白書統計資料より

平成22年 平成23年 平成24年
事故発生件数 51,161 49,99849,651
死者数 197225235
負傷者数 62,836 61,53461,576

愛知県の自動車安全運転センター

自賠責保険会社に対して被害者請求を行ったり、訴訟を行ったりする際には、「交通事故証明書」が必要となります。各都道府県にある「自動車安全運転センター」で発行してもらうことが可能です。詳しくは最寄りのセンター事務所にお問い合わせください。

住所電話番号
愛知名古屋市天白区平針南三丁目605番地(愛知県警察本部運転免許試験場内)052-805-0625

愛知県内の検察庁一覧

加害者の刑事処分の結果を知るためには、管轄の検察庁に問い合わせをしたり、刑事記録を取り寄せなければなりません。しかし、交通事故に関する損害賠償請求をするためには、必ずしも刑事記録の全部が必要なわけではありません。重要なのは、事故の状況を客観的に証明するための「実況見分調書」や、当事者や第三者などの捜査機関に対する供述内容が書かれた「供述調書」になります。

住所電話番号
名古屋高等検察庁名古屋市中区三の丸4-3-1 052-951-1581
名古屋地方検察庁 名古屋市中区三の丸4-3-1 052-951-1481

もしも交通事故に遭ってしまったら...
弁護士にご相談ください
ご依頼者の約70%
治療中に無料相談
利用しています

※2016/6/1〜2021/8/31。
お電話いただいた方のうち「治療中」と回答された方の割合です。

治療中に弁護士へ相談する
3つのメリット
  • 01慰謝料が大幅に増額する可能性があります
  • 02適正な等級認定を獲得するためのアドバイスを聞けます
  • 03難しい手続きを弁護士に任せ、安心して治療に専念できます