交通事故被害者の慰謝料・弁護士への交通事故示談と賠償金に関する無料相談ナビ

後遺障害認定手続のよくある質問

症状固定は,誰が判断するのですか?

一般的に,加害者の保険会社は「症状固定ですので,今後は治療費の支払を打ち切ります」ということを言ってくるものです。しかし,症状固定かどうかを判断するのは保険会社ではなく,主治医が判断するものです。しかし,主治医であっても症状固定の判断は難しい問題であり,必ずしも適切になされるわけではありません。あなた自身が治療により少しでもよくなっていると感じているのであれば,その点を主治医にしっかり伝え,安易な症状固定が行われないようにしなければなりません。

症状固定と判断されると,その後は後遺障害の問題となりますので,それ以降の治療費は保険会社からは支払われなくなります。

関連Q&A 後遺障害認定手続のよくある質問

なぜ後遺障害の等級認定の申請をする必要があるのですか?
後遺障害の等級認定は自賠責保険の支払基準となるもので,自賠責保険は認定された等級に基づいて後遺障害の逸失利益や…続きを読む
後遺障害の等級認定は,いつ申請すればよいですか?
後遺障害とは,治療による回復が望めなくなった状態(症状固定)で残ってしまった症状のことですから,症状固定…続きを読む
症状固定は,誰が判断するのですか?
一般的に,加害者の保険会社は「症状固定ですので,今後は治療費の支払を打ち切ります」ということを言ってくる…続きを読む
後遺障害認定の申請は誰がするのですか?
後遺障害の等級認定の申請手続は,損害保険料率算出機構に対して行うのが一般的です。申請手続の方法としては,…続きを読む
後遺障害認定は誰がどのように判断するのですか?
後遺障害の認定の判断は,損害保険料率算出機構(加害者側の保険会社が加盟している場合)や自賠責保険・共済紛争…続きを読む
後遺障害の異議申立に回数制限はありますか?
損害保険料算出機構が行った等級認定に対して異議申立を行う場合には,回数制限はありません。何度でも異議申立…続きを読む
弟(成人しています)が交通事故によって植物状態(遷延性意識障害)になってしまいました。弟の受けた損害について賠償請求をするにはどのようにすればよいのでしょうか?
交通事故の被害者が植物状態(遷延性意識障害)になってしまった場合,被害者自身が話をしたり,自分の意思を伝え…続きを読む
もっと詳しく知りたい⽅はコチラのページもご覧ください
メディア情報
メディア情報 取材・紹介されたテレビ・雑誌など
プライバシーマーク
プライバシーマーク を取得しています
交通遺児育英会
交通遺児育英会 活動を支援しています
交通事故・後遺障害について
アディーレ法律事務所について
お問い合わせ:0120−250−742(ゼロイチニーゼロ ジコヲ ナシニ)
ご相談は
何度でも無料です。
お気軽にお問い合わせください。
無料相談はこちら
メール