FAQ
後遺障害認定は誰がどのように判断するのですか?

後遺障害の認定の判断は、損害保険料率算出機構(加害者側の保険会社が加盟している場合)や自賠責保険・共済紛争処理機構が行います。

損害保険料率算出機構や自賠責保険・共済紛争処理機構の判断は、第一次的には後遺障害診断書などの書面に基づいて審査されます。そのため、診断書の記載が曖昧であったり、必要な検査結果が添付されていない場合には、適切な認定がなされないことが少なくありません。

適切な認定を得るためには、認定の具体的な基準を踏まえた上で、適切な書面と資料を提出する必要があります。これらの点は、医学的にも法律的にも非常に高度で専門的な知識や経験が必要となります。そのため、死亡事故実績があり、後遺障害に強い弁護士に相談することをおすすめします。

事例一覧

後遺障害認定手続のよくある質問

カテゴリー別よくある質問

交通事故のよくある質問

後遺障害・死亡事故のよくある質問

もしも交通事故に遭ってしまったら...
弁護士にご相談ください
ご依頼者の約70%
治療中に無料相談
利用しています

※2016/6/1〜2021/8/31。
お電話いただいた方のうち「治療中」と回答された方の割合です。

治療中に弁護士へ相談する
3つのメリット
  • 01慰謝料が大幅に増額する可能性があります
  • 02適正な等級認定を獲得するためのアドバイスを聞けます
  • 03難しい手続きを弁護士に任せ、安心して治療に専念できます