FAQ
症状固定は、誰が判断するのですか?

一般的に、加害者の保険会社は「症状固定ですので、今後は治療費の支払を打ち切ります」ということを言ってくるものです。

しかし、症状固定かどうかを判断するのは保険会社ではなく、主治医が判断するものです。しかし、主治医であっても症状固定の判断は難しい問題であり、必ずしも適切になされるわけではありません。あなた自身が治療により少しでもよくなっていると感じているのであれば、その点を主治医にしっかり伝え、安易な症状固定が行われないようにしなければなりません。

症状固定と判断されると、その後は後遺障害の問題となりますので、それ以降の治療費は原則として保険会社から支払ってもらうことはできなくなります。

事例一覧

後遺障害認定手続のよくある質問

カテゴリー別よくある質問

交通事故のよくある質問

後遺障害・死亡事故のよくある質問

もしも交通事故に遭ってしまったら...
弁護士にご相談ください
ご依頼者の約70%
治療中に無料相談
利用しています

※2016/6/1〜2021/8/31。
お電話いただいた方のうち「治療中」と回答された方の割合です。

治療中に弁護士へ相談する
3つのメリット
  • 01慰謝料が大幅に増額する可能性があります
  • 02適正な等級認定を獲得するためのアドバイスを聞けます
  • 03難しい手続きを弁護士に任せ、安心して治療に専念できます