スマートフォンサイトはこちら

交通事故関連のQ&A

  1. 交通事故被害者救済サイトTOP
  2. 交通事故関連のQ&A

交通事故全般のよくある質問

Q1.交通事故に遭ったら,まずどうすればいいのでしょうか?
交通事故直後は,「事故を証拠に残しておくこと」という発想から,できるかぎりのことをしておきましょう…
Q2.警察への交通事故の届け出が物損事故扱いになっています。今後の手続において不利にはなりませんか?
ケガをされているにもかかわらず,警察に物損事故として届け出た場合,加害者の保険会社から「今回の事故では…
Q3. 物損事故から人身事故へ切り替えるには具体的にどうしたらよいのですか?
まず,交通事故の直後に受診した病院で,「事故日」と「初診日」が記載された診断書を取得してください。…
Q4.警察から「交通事故から時間が経っているので,物損事故から人身事故への切り替えはできない」と言われてしまいました。どうしたらよいですか?
交通事故から長期間経過してしまった場合には,ケガと事故との因果関係が明らかではない等の理由から,物損事故…
Q5.加害者は,どうして交通事故を物損事故扱いにしようとするのですか?
人身事故の場合,加害者が受け得る処分としては,刑事処分と行政処分とがあります。刑事処分は罰金,禁固や…
Q6.交通事故証明書は,どのように入手したらよいのでしょうか?
「自動車安全運転センター」というところに申込をして入手します。入手方法は,【1】郵便振替による申込,【2】直接窓…
Q7.加害者の刑事処分の結果を知りたいのですが,どうしたらいいでしょうか?
加害者を起訴するかどうかを最終的に決めるのは検察官です。ですから,事件についての管轄検察庁をたどっていき…
Q8.刑事記録は,どのように入手したらよいのでしょうか?
まず,刑事記録とは加害者に対する刑事裁判のために作られるものなので,加害者に対する損害賠償請求をするためには…
Q9.弁護士に依頼をすると,どのようなメリットがあるのでしょうか?
加害者本人との交渉は,相手が感情的になったり,逆に被害者との連絡を拒んだりなど,コミュニケーション自体が…
Q10.弁護士に相談するタイミングはいつがいいのでしょうか?
基本的に,加害者や保険会社と示談を結ぶまでは,どのタイミングでもご相談いただけます…
Q11.弁護士に依頼すると,必ず裁判になってしまうのでしょうか?
弁護士が交通事故の被害に関する示談交渉をお引き受けした場合,基本的には加害者側の保険会社との…

損害賠償請求のよくある質問

請求できる損害

Q1.交通事故によってケガをした被害者は,どのような請求ができるのでしょうか?
交通事故によりケガをした場合には,主に次のような様々な損害につき,賠償金を請求することが…
Q2.交通事故で車が破損した場合は,どのような請求ができるのでしょうか?
車の修理代等を請求することができます。ただ,修理代が高額となる場合は注意が必要です。車が大破してしまっても…
Q3.事故の後,精神的不調が続き,PTSDとの診断を受けました。PTSDとなったことについて,損害賠償を請求できるのでしょうか?
請求できる場合はありますが,困難であるのも実情です。事故後,PTSDに陥ってしまったという事例について…
Q4.私の妹は,事故に遭った後,顔面に醜い傷が残ってしまったことから,将来を悲観して自殺してしまいました。この場合,損害賠償を請求できるのでしょうか?
裁判所の考え方からすれば,請求できる可能性はありますが,自殺した原因が本当に事故にあること(因果関係)を…
Q5.加害者に弁護士費用を請求することはできますか?
交通事故の裁判の場合,あなたが負担した弁護士費用相当額が損害として認められることがあります…
Q6.私は長距離トラックドライバーですが,症状固定の判断を受けた後も痛みが残り,運転が不安です。どうしたらいいでしょうか?
後遺障害につき等級の認定が出れば,後遺障害による慰謝料や逸失利益を請求することができますので…

請求の主体

Q1.成年の兄が交通事故によって植物状態になってしまいました。兄の受けた損害について賠償請求をするにはどのようにすればよいのでしょうか?
交通事故の被害者が植物状態になってしまった場合には,被害者自身が話をしたり,…
Q2.加害者は,事故の後で死亡してしまいました。私は,もはや損害賠償を請求できないのでしょうか?
加害者に対する損害賠償請求権については,加害者が死亡した場合でも,当然には消滅しません。加害者の相続人が…
Q3.父は,事故により死亡しました。仮に私が相続放棄をしてしまうと,損害賠償は一切受けられないのでしょうか?
事故により発生する損害賠償請求権は,【1】亡くなったお父様自身の損害賠償請求権(精神的損害である慰謝料…

請求する相手方

Q1.加害者以外には,損害賠償を請求できないのでしょうか?
たとえば,以下のような人たちに,請求できる場合があります。1.車の所有者 2.労務中の事故である場合には…
Q2.加害者は,レンタカーを運転中の学生でした。レンタカー業者に損害賠償を請求できないのでしょうか?
請求できる可能性があります。交通事故では,自動車損害賠償保障法という法律で,加害者以外にも損害賠償責任を請求…
Q3.警察の人から,加害者は,盗んだ車を運転中に事故を起こしたのだと聞かされました。車の所有者に対して,損害賠償を請求できないのでしょうか?
原則として請求できません。車の所有者が,加害者の起こした事故について責任を負うのは,加害者に対し…
Q4.加害者の車検証を見たところ,加害者の名義になっておらず,車の販売会社名義になっていました。販売会社に対して,損害賠償を請求できないのでしょうか?
原則として請求できません。加害者の車検証の所有者が車の販売会社となっているケースは,車の使用者が,車を…
Q5.会社の従業員が事故を起こした場合,会社に対して損害賠償を請求できないのでしょうか?
請求できる可能性があります。事業のために他人を使用する者が事業の執行につき被用者が損害を第三者に与えた場合に…
Q6.加害者は未成年者でした。その親に損害賠償を請求できないのでしょうか?
親が運行供用者に当たる場合(車が親の所有名義である場合等)は,運行供用者として親に損害賠償を請求…
Q7.加害者は飲酒運転で事故を起こしたのですが,同乗者が飲酒運転を勧めていたことがわかりました。同乗者に損害賠償を請求できないのでしょうか?
請求できる可能性があります。加害者と同乗者とは,加害者の行為による損害の発生につき,双方ともに落ち度…
Q8.事故に遭ったのが駐車場内でした。駐車場の管理者に,損害賠償を請求できないのでしょうか?
請求は一般的には容易ではありませんが,駐車場の設備管理に落ち度があり,交通事故が常時発生するような…
Q9.加害者が事故を起こしたのは,違法駐車していた車に原因があったことがわかりました。違法駐車していたドライバーに,損害賠償を請求できないのでしょうか?
違法駐車自体にも,事故の発生に対して落ち度があると考えられるため,加害者と違法駐車の運転手とともに…
Q10.加害者本人に「今回の交通事故の損害は,自分が100%補償する」という念書を書かせました。この念書に基づいて本人へ請求することができますか?
仮に念書を書かせたとしても,加害者本人が任意保険に加入していれば,その任意保険会社が損害賠償の…

時効

Q1.加害者への損害賠償請求の期限はありますか?
損害賠償請求権については,権利を行使せずに一定の期間を経過すると,その権利が時効により消滅(消滅時効)…
Q2.加害者への損害賠償請求の期限が迫っています。どうすればいいでしょうか?
大至急,時効を中断させてください。時効の中断とは,時効期間が進行しつつある状態を断ち切って,それまでの…

積極損害

Q1.温泉療法は,治療費として認めてもらえるのでしょうか?
医師の指示に従って温泉療法をすることとなった場合で,かつ,医療機関の付属診療所や,それに…
Q2.マッサージ,鍼やカイロプラクティックで施術を受けた費用は,治療費として認めてもらえるのでしょうか?
施術に関するすべての費用が治療費として認められるわけではありませんが,医師の指示があり,治療効果が…
Q3.当座の治療費は,誰が支払う形になるのでしょうか?
交通事故の態様や過失割合に大きな争いがない場合には,任意保険会社が直接病院に対して支払ってくれることが…
Q4.私は,派遣会社の社員ですが,相手の保険会社から治療費の支払を打ち切られ,自腹で治療を続けています。他の社員から,このままでは円滑に仕事ができないのではといわれ,辞めざるを得なくなってしまいました。私が何か主張することはできないのでしょうか?
治療費は,原則として,症状固定に至るまでは保険会社から支払ってもらうことができますので,治療中であっても…
Q5.小学生の娘の通院にあたり妻が会社を休んで付き添ったのですが,この際の付添費用も損害として請求できるのでしょうか?
お子様が12歳以下であれば,親の付添が通常必要となりますので,通常は損害として請求可能です…
Q6.入院付添看護費は,どれくらいが認められるのでしょうか?
付添人が必要であると判断される場合に,【1】付添人がプロであれば,原則として実費の全額が認められますが…
Q7.通院付添看護費は,どれくらいが認められるのでしょうか?
付添人が必要であると判断される場合に,【1】付添人がプロであれば,原則として実費の全額が認められますが…
Q8.将来の介護費用は,どれくらいが認められるのでしょうか?
医師の指示または症状の程度により必要があれば,【1】プロの付添人については,原則として基本実費相当額が…
Q9.入院雑費は,どれくらいが認められるのでしょうか?
【1】自賠責保険基準では1日につき1100円,【2】裁判所基準では1日につき1500円と…
Q10.通院交通費は,どれくらいが認められるのでしょうか?
原則として実費が認められます。しかし,タクシー代については,タクシーを使用する必要性・相当性がなければ…
Q11.病院へ車で通院しているのですが,「通院交通費」としてガソリン代を請求できるのでしょうか?
車での通院の場合は,自宅と治療先の通院距離に対して,15円/kmの計算で,通院実日数分を請求…
Q12.私は現在仕事をしているのですが,今通っている病院は,診察時間や場所の関係で,通うのが困難です。仕事帰りに立ち寄れる病院に,変えることはできるでしょうか?
基本的に,被害者には病院を選ぶ権利がありますので,変更する場合には,変更したい旨を申し入れ,変更して…
Q13.義手,義足などの装具については,どれくらいが認められるのでしょうか?
交通事故により手足を失ったり,失明したり,歯を欠損したりした場合には,医師の指示があれば原則として…
Q14.家や車の改造費については,どれくらいが認められるのでしょうか?
トイレまたは風呂場等の家屋改造費は,被害者の受傷の内容,後遺症の程度を検討し,必要性があれば…
Q15.葬祭費については,どれくらいが認められるのでしょうか?
自賠責保険基準では原則60万円,裁判所基準では原則150万円とされています。任意保険会社においても…
Q16.相手方が100%悪いと思われる事故で,頸椎捻挫の診断を受けましたが,事故後4ヶ月経ち,「そろそろ症状固定なので治療費の支払を打ち切る」といわれています。もう治療費は請求できないのでしょうか。
「症状固定」に至っていれば,その後の治療費は請求できませんが,そうでなければ請求することができるのが原則…
Q17.保険会社から送られてきた同意書にサインしたら,過去の病歴もすべて分かってしまうのですか?
同意書には個人情報の一部として,過去の病歴に関する情報の提供に同意する文言が入っているのが一般的です…
Q18.通院中の整形外科が十分な治療をしてくれず不満です。転院することはできますか?また,転院を相手側の保険会社に拒否された場合は,どうすればよいのですか?
本来,被害者には病院を自由に選ぶ権利があります。しかし,実際には手続が煩雑となり手間がかかる…
Q19.事故当日だけ整形外科に行きましたが,その後は整骨院や接骨院に通っています。整骨院や接骨院の先生から「症状固定なのでは?」と言われましたが,どうしたらよいでしょうか?
事故の当日に治療を受けた整形外科に行き,医師に症状固定の判断をしてもらいましょう。交通事故で…

消極損害

Q1.サラリーマンやOLのような給与所得者の休業損害は,どのように算出すればよいのでしょうか?
基本的には,事故前3ヶ月の給与支給額を基に算出します。具体的な計算は事故前3ヶ月分の給与収入合計額を…
Q2.専業主婦(主夫)でも「休業損害」は請求できるのでしょうか?
専業主婦(主夫)の方の場合,現実に収入がなくても,家事に支障が出る場合には,休業損害が認められる場合が…
Q3.兼業主婦なのですが,「休業損害」はどのように算出すればよいのでしょうか?
兼業主婦の場合には,現実にパート等で得ていた収入額と女性の一般労働者の平均賃金額(年齢別等の基準が…
Q4.失業中なのですが,「休業損害」は請求できますか?
失業中の方は,働いておらず現実収入がないので,原則として休業損害は請求できません。しかしながら…
Q5.有給休暇を使用して治療した日については,休業損害の算出の基礎にならないのでしょうか?
有給休暇を使用して治療した期間分については,現実に収入の減少がなくても休業損害は請求…
Q6.アルバイトや日雇いの場合,休業損害は,どのように算出すればよいのでしょうか?
基本的には,事故前3ヶ月の収入合計額を90日で割って,基礎収入額を算出し,これに休業した日数をかけて算出…
Q7.会社役員の場合,休業損害は,どのように算出すればよいのでしょうか?
会社役員は,役員報酬のうちの労働の対価と認められる部分については,事業の規模,形態,当該役員の…
Q8.自営業者の場合,休業損害は,どのように算出すればよいのでしょうか?
個人事業主や農業従事者等で家族従業員を使用している場合には,事故前1年間の売上額から必要経費を…
Q9.学生の場合,休業損害は,どのように算出すればよいのでしょうか?
基本的には休業損害は認められません。治療が長期にわたり,学校の卒業ないし就職の時期が遅延した場合は…
Q10.首の痛みがあってまだ仕事に復帰できないのですが,休業損害の支払は打ち切るといわれてしまいました。休業損害を支払い続けてもらう方法はないのでしょうか?
現段階では休養が必要であり,会社を休むのもやむを得ないという期間中は,休業損害を受領することが…
Q11.休業損害を1日あたり5700円もらっていますが,どうしてこのような金額なのでしょうか?
賠責保険の基準に従っているものと考えられます。任意保険会社は,自賠責保険会社から当然に…
Q12.交通事故が原因で勤務先を解雇されました。転職を余儀なくされ,職種も変えざるを得ないのですが,補償してもらえるのでしょうか?
症状固定前に退職された場合,退職について事故との因果関係があれば,退職後にも休業損害が…
Q13.事故のケガが理由で,楽しみにしていた旅行に行けなくなってしまいました。その旅行のキャンセル料等は,補償してもらえるのでしょうか?
事故によるケガが原因で旅行に行けなくなってしまった場合に,そのキャンセル料分が,事故に…

慰謝料

Q1.傷害事故の場合,入通院を強いられたことに対する慰謝料がもらえると聞きましたが,どのように算出するのでしょうか?
慰謝料は,被害者が交通事故によって精神的または肉体的に被った被害によって精神的に感じた苦痛に対する損害…
Q2.自賠責保険によって賄われる慰謝料はいくらですか?
自賠責保険で賄われる部分は,原則として,1日につき4200円×通院実日数の金額となります。その他…
Q3.死亡事故の慰謝料は,どのように算出するのでしょうか?
死亡事故の慰謝料としては,亡くなった本人の慰謝料と近親者の慰謝料がありますが,亡くなった本人の…
Q4.入通院慰謝料という項目ではなく,精神的苦痛による慰謝料として請求することはできるのですか?
交通事故の被害に遭われた方のお気持ちはよくわかります。しかし,症状固定日までの精神的苦痛は…
Q5.加害者や相手の保険会社からまったく謝罪がないし,誠意も感じられません。それらの点について損害賠償を請求することはできるのですか?
交通事故の被害に遭われた方のお気持ちはよくわかります。しかし,加害者や相手の保険会社からまったく…
Q6.ひき逃げに遭いましたが,後日,加害者が見つかりました。ひき逃げをしたという救護義務違反は,損賠賠償請求の項目の1つにあるのですか?
救護義務違反について独立した項目があるわけではありません。ただし,ひき逃げ事故に遭った場合は…
Q7.事故のケガが理由で会社を解雇され,解雇されたことが原因で,婚約破棄となってしまいました。婚約破棄されたことに対する慰謝料を請求できますか?
交通事故以外に婚約破棄の理由がないということであれば,慰謝料が認められる可能性があります。ただし…

後遺障害

Q1.後遺障害の判断はどうやってされるのですか?
症状固定後に,医師に認定基準に従った後遺障害診断書(用紙は損害保険会社にあります)を作成して…
Q2.顔面醜状の場合,労働能力喪失率はどの程度なのでしょうか?
自賠責保険の等級表では,女性で12級,男性で14級となっています。しかし,顔面など外貌に醜状が…
Q3.私の妻は,交通事故直後,外傷性クモ膜下出血,びまん性軸索損傷の診断を受けていましたが,高次脳機能障害であることがわかりました。後遺障害等級の認定は受けられるのでしょうか?
高次脳機能障害は,交通事故や転倒などによる外傷性脳損傷や脳血管障害・脳腫瘍・脳炎・低酸素性脳症など…
Q4.妊娠中に交通事故に遭ってしまったのですが,示談交渉などで不利になることはありますか?
妊娠中はMRI検査をすることができませんので,事故によるケガの症状の原因を証明する手立てが…
Q5.妊娠中に交通事故に遭いました。赤ちゃん(胎児)への影響が心配です。胎児が障害をもって生まれてきた場合,その損害は補償されるのでしょうか?
胎児である間に受けた不法行為によって,出生後に障害が生じ,後遺障害が残存した場合には,加害者に…
Q6.職業がモデルであるため,14級(腰部)が認定されていても逸失利益は払わないと保険会社にいわれました。逸失利益を請求することはできないのでしょうか?
加害者側の保険会社が,さまざまな理由をつけて示談金額を抑えようとすることは頻繁に行われています。そのため,…

逸失利益

Q1.死亡した私の夫は年金生活者でしたが,逸失利益を請求できるのでしょうか?
逸失利益(いっしつりえき)とは, 交通事故被害者が仮に生きていれば,得られたであろう利益のことを…
Q2.給与所得者の場合,逸失利益は,どのように算出すればよいのでしょうか?
原則として,事故前の収入を基準とします。給与所得者の収入額は,収入証明書または源泉徴収票を基にして算出…
Q3.事業所得者の場合,逸失利益は,どのように算出すればよいのでしょうか?
個人事業主や農業従事者等で家族従業員を使用している場合には,事故前1年間の売上額から必要経費を…
Q4.主婦(主夫)の場合,逸失利益は,どのように算出すればよいのでしょうか?
主婦(主夫)の場合,現実に収入がなくても逸失利益が認められます。主婦(主夫)の逸失利益は,原則として賃金センサスの…
Q5.学生や幼児の場合,逸失利益は,認められないのでしょうか?
基本的には,賃金センサスによる男女別全年齢平均賃金額を基礎とします。年少者女子の場合は,男女計…
Q6.無職の場合,逸失利益は,認められないのでしょうか?
無職者であっても,労働意欲・能力がある場合にかぎり,賃金センサスの平均給与額や失業前の収入を…

損益相殺

Q1.妻の死亡により,生命保険の保険金を受け取りました。損害賠償として受け取れる金額は,その分,減らされてしまうのでしょうか?
減らされることにはなりません。生命保険の保険金は,保険料を支払った対価として受け取ったものであって…

物損

Q1.追突事故で車が破損したため自動車を修理に出しました。車両価格よりも修理代のほうが高いのですが,加害者に修理代の全額を負担してもらえますか?
修理費用が車両価格を上回っている状態を「経済的全損」といいます。事故車両が「経済的全損」と評価されると…
Q2.新車納車後5日目に交通事故で車が破損しました。修理はしてもらったのですが,この他に賠償金の支払等を受けることはできないのでしょうか?
全損ではない場合については,修理費用の他に,以下のような賠償金を受け取ることができる可能性があります。…
Q3交通事故で車が大破し,レッカーにより修理工場に運ばれたのですが,この際にレッカー代や車両保管費用は損害として認められないのでしょうか?
交通事故により車両が壊れた際には,その処理にあたり種々の費用を支出することになりますが,事故と…
Q4交通事故によって,車両以外の所持品が壊れてしまいました。もう使えないので破棄したのですが,証拠の写真等がないと損害を請求できませんか?
破棄した所持品を写した写真等の証拠がない場合は,損害を請求することは基本的には…
Q5とても大切にしていた自転車が,交通事故によって壊れ,修理不能になってしまいました。これについて,慰謝料請求はできますか?
「この車には,特別な思い入れがある」など,物損部分について慰謝料を請求してほしい…
Q6ペットの愛犬を自動車に乗せていたときに交通事故に遭い,犬がケガをしてしまいました。犬の治療費は,損害として認められますか?また,これについて慰謝料を請求することはできますか?
交通事故が原因で,ペットの治療費が認められた裁判例があります(東京地裁平成18年…

その他

Q1.損害賠償の一部について,先に請求することはできないのでしょうか?
相手方の自賠責保険会社に対して,一部仮渡金として請求することができます。あるいは,任意保険会社に対して…
Q2.交通事故の加害者から賠償金が支払われたのですが,この賠償金は所得として確定申告をする必要があるものなのでしょうか?
交通事故などのために,被害者が治療費,慰謝料,損害賠償金などを受け取ったときは,これらの損害賠償金等は…

過失割合のよくある質問

Q1.過失割合はどうやって決まるのでしょうか?
1.過失割合の基本的な考え方 裁判所,弁護士,保険会社のいずれも,「民事交通訴訟における…

自賠責保険・任意保険のよくある質問

Q1.私の車の同乗者が,交通事故(過失割合は5:5)で受傷してしまいました。この同乗者は,私の加入している自賠責保険と加害者が加入している自賠責保険のどちらに損害賠償金の支払を請求できるのでしょうか?
このケースですと,同乗者は,あなたと加害者による「共同不法行為」の被害者となります…
Q2.交通事故の加害者が任意保険に加入していませんでした。このような場合,自賠責保険以外からは一切金銭支払を受けることはできないのでしょうか?
交通事故の加害者が任意保険に加入していない場合でも,あなたが「無保険車傷害保険」に加入していれば…
Q3.加害者が任意保険に加入しているかどうか,調べることはできますか?
調べるための制度は,とくにはありません。もっとも,加害者が任意保険に入っている場合,保険会社との…
Q4.非接触事故で,相手方が過失ゼロを主張して保険を使おうとせず,一向に話が進みません。どうしたらいいでしょうか?
相手方が過失を認めない場合,治療費,通院交通費などは任意保険会社が対応しないため,すべてご自身で…
Q5.交通事故の後,加害者や保険会社から何も連絡がありません。どうしたらよいでしょうか?
事故の後は,加害者の保険会社から連絡してくるのが通常です。もし,連絡がこない場合には,ご自身で加害者の…

示談・ADR・訴訟のよくある質問

Q1.示談交渉は,いつ始めればよいのでしょうか?
通常は治療が終わったときです。それまでは,治療費や入通院慰謝料等の損害が日々発生し続けているので…
Q2.示談した後,後遺症が発生してきてしまいました。改めて損害賠償を請求できないのでしょうか?
通常は,示談とはその時点に存在するすべての事情を含めて「これで終わり」とするための行為なので,示談のときに…
Q3.示談すると,加害者の刑事事件に影響するのでしょうか?
加害者にとって有利な事情として考慮されることがあります。加害者の弁護人が示談書を証拠として裁判所に提出することで…
Q4.保険会社が,示談案を提示してきましたが,その金額が妥当なのかどうなのか,さっぱりわかりません。どうしたらよいのでしょうか?
治療費や通院交通費についてはともかくとして,入通院慰謝料,休業損害,後遺障害による慰謝料,あるいは逸失利益…
Q5.加害者から調停を申し立てられ,裁判所から呼び出し状が届きました。どうすればよいでしょうか?行かないと,逆に不利益になりますか?
調停は,裁判所を通じた当事者の話し合いの手続のことです。裁判所は,加害者と被害者といった両当事者の間に入って…
Q6.交通事故紛争処理センターを利用している最中ですが,手続が自分の思い通りに進みません。弁護士に依頼する意味はありますか?
紛争処理センターは,あくまでも第三者として中立的な立場で,和解のあっせんを行うための機関ですので…
Q7.交通事故紛争処理センターを利用するか,それとも,弁護士に依頼するかで迷っています。どちらがよいのでしょうか?
紛争処理センターで示談のあっせんをしてくれる嘱託弁護士は,あくまでも第三者として中立的な立場で…
Q8.入通院慰謝料など傷害部分について先に示談をしてしまい,後遺障害部分は,後で別途協議するというような示談は可能ですか?
加害者側の保険会社の対応にもよりますが,可能な場合があります。その場合には,傷害部分の示談の際に…
Q9.もし訴訟になった場合,訴訟費用はどれくらいかかるのですか?
一般的に,訴訟になった場合は,収入印紙代,予納郵券代,交通費,日当が別途かかります。訴状には…
Q10.交通事故の訴訟とは,どういった手続なのですか?
示談交渉や調停などで解決に至らなかった場合や,解決の見通しが立たない場合には,裁判所に訴訟を提起することに…

弁護士費用特約のよくある質問

Q1.弁護士費用特約とはどのような特約ですか?
弁護士費用特約とは,自動車に乗っているときに追突されたり,歩行中に自動車にはねられたりしたことで…
Q2.弁護士費用特約で支払われる費用に上限はありますか?
多くの保険会社では,弁護士等への相談料は10万円まで,弁護士費用の総額は300万円までとの条件を…
Q3.弁護士費用特約は,アディーレ法律事務所へ相談するときの相談料に使うことができますか?
ご安心ください。当事務所では,交通事故の被害に関するご相談は…
Q4.弁護士費用特約は,現在契約している自動車保険に付いていれば使うことができますか?
原則として使うことができます。ただし,事故発生後に契約を更新した場合は…
Q5.弁護士費用特約は,私が「無過失の場合」だけ使えると言われたのですが,本当ですか?
いいえ,無過失のケースでの使用はもちろんですが,過失がある場合であっても,弁護士費用特約の使用は…
Q6.自分に過失がない場合,「加入している保険会社では加害者側とは示談交渉することができない」と言われてしまい,不安なのですが…。
確かに,あなたが過失責任ゼロの被害事故では,被害者の保険会社は賠償義務がありませんので,示談交渉…
Q7.加害者側の保険会社から示談金額の提示がないと,弁護士費用特約を使うことができませんか?
いいえ,弁護士費用特約は,交通事故の発生直後から使用することが可能です。事務所では,後から…
Q8.弁護士費用特約は「訴訟」になったときだけしか使えないのですか?
いいえ,訴訟にならずに示談交渉を終えた場合であっても,弁護士費用特約の使用が可能です。むしろ…
Q9.夫が受けた事故で,私が契約している保険の弁護士費用特約を使うことはできますか?
はい,被保険者(旦那様)の配偶者は,弁護士費用特約を使うことができる…
Q10.弁護士費用特約を使用すると,保険料は値上がりしますか?
いいえ,保険料は値上がりしません。ですから,保険料の負担が増える…
Q11.「保険会社から紹介された弁護士に依頼する場合のみ,弁護士費用特約を使うことができる」と言われたのですが,本当ですか?
いいえ,当事務所においても,ご依頼者が契約している保険会社に弁護士費用特約の…

弁護士による交通事故無料相談実施中!

お問い合わせ:0120-250-742(ゼロイチニーゼロ ジコヲ ナシニ)

  • 交通事故の被害に関するご相談は何度でも無料です。
    治療中の方も安心してご相談ください。
  • 物損事故のみ,または,加害者の方からのご相談はお受けしておりません。
  • ご相談・ご依頼は安心の全国対応。どうぞ,お気軽にご相談ください。