交通事故被害者の慰謝料・弁護士への交通事故示談と賠償金に関する無料相談ナビ

解決実績10,000件以上!(2017年4月時点)交通事故にあったら弁護士に無料相談 解決実績10,000件以上!(2017年4月時点)交通事故にあったら弁護士に無料相談

どうして交通事故弁護士
相談するべきなの?

弁護⼠が⽰談交渉に介⼊することで、交通事故の慰謝料は増額が可能です! 弁護⼠が⽰談交渉に介⼊することで、交通事故の慰謝料は増額が可能です!
後遺障害・慰謝料 無料診断サービス 後遺障害・慰謝料 無料診断サービス

[ 交通事故被害
請求できる
損害・慰謝料
]

交通事故の被害に遭った方は,相手や相手側の保険会社に損害を償う金銭を請求することができます。
ただし,提示された金額が適切かどうかは,算出方法のカラクリを理解した上で,慎重に判断しなければなりません。

  • ケガ・傷害

    治療に関する損害 休業に関する損害 入通院に関する損害 後遺症による逸失利益 後遺症慰謝料
  • 死亡

    葬儀関係費 死亡慰謝料など 死亡による逸失利益
  • 物損・その他

    車両自体に生じた損害 車両使用不能時期に生じた損害 登録手続関係、
    その他の費用

[ 交通事故解決事例 ]

ご相談いただいた交通事故被害の解決事例です。事故の詳細やご相談いただくまでの経緯,示談交渉の結果
どのくらい賠償金が増額したのかなど,わかりやすく解説しています。
また,事故の状況,ケガの箇所,被害に遭われた方の属性など,ケース別にまとめてあります。
ご自身の状況に近いものがきっと見つかるはずです。ぜひ,参考にしてみてください。

等級認定アシスト実績報告
等級認定
アシスト
実績報告
2017年4月16日(日)~2017年4月22日(土)の後遺障害等級獲得人数15人 右踵骨骨折による神経系統の障害などが認められ、併合12級を獲得
2017年4月9日(日)~2017年4月15日(土)の後遺障害等級獲得人数13人 骨折による右手関節の機能障害や歩行障害などが認められ、併合8級を獲得
2017年4月2日(日)~2017年4月8日(土)の後遺障害等級獲得人数9人 骨折による左足関節の機能障害が認められ、第12級7号を獲得
2017年4月16日(日)~2017年4月22日(土)の後遺障害等級獲得人数15人 右踵骨骨折による神経系統の障害などが認められ、併合12級を獲得
2017年4月9日(日)~2017年4月15日(土)の後遺障害等級獲得人数13人 骨折による右手関節の機能障害や歩行障害などが認められ、併合8級を獲得
2017年4月2日(日)~2017年4月8日(土)の後遺障害等級獲得人数9人 骨折による左足関節の機能障害が認められ、第12級7号を獲得

[ 気になる後遺障害
ピックアップ
]

けがが完治せず,症状固定となった後に残る障害で,医師による後遺障害診断書などに基づいて
等級認定を受けたものを後遺障害と呼びます。
交通事故で,主に認定される後遺障害を紹介します。

[ 交通事故基礎知識 ]

交通事故の被害に遭ったとき,「誰が賠償してくれるの?」,「健康保険は使える?」,
「もし,けがの痛みや支障が残ってしまったら?」など,ぜひ知っておきたい基礎知識になります。

まさかの交通事故に遭ってしまったら… まさかの交通事故に遭ってしまったら…
弁護士だからできるサポート!



知らないと損をする?交通事故の被害 index-arrow
知らないと損をする?交通事故の被害

加害者の保険会社が提示する示談金の金額は低いという噂を耳にしたことはないでしょうか。それはウソではありません。事故の被害者に対して最初に提示される示談金の金額が,法律上請求することのできる最高額になることはまずありません。保険会社は… 詳しく見る>>

弁護士に依頼すると,賠償金の増額が期待できる
弁護士に依頼すると,賠償金の増額が期待できる

交通事故の損害に対する賠償額の算定基準は,「自賠責保険基準」「任意保険基準(各保険会社が定めている自社の支払基準)」「裁判所基準(裁判をしたならば認められる基準)」の3種類があります。基準が3種類もあるのは,それぞれの制度の目的や立場に違いが…詳しく見る>>

通院中のお悩み,面倒な交渉ごとは弁護士にお任せ index-arrow
通院中のお悩み,面倒な交渉ごとは弁護士にお任せ

加害者本人との交渉は,相手が感情的になったり,逆に被害者との連絡を拒んだりするなど,コミュニケーション自体が難しい場合が多いものです。そればかりか,お互いが法律に詳しくないために,どの程度の金額で示談すべきなのか,適正な示談金額はいくらなのかを… 詳しく見る>>

[
事故発生から
示談の流れ
]

1
事故発生

事故発生

ケガをしている場合,警察へ事故の報告は必ず「人身事故」として処理されているかを確認してください。

1
事故発生

事故発生

ケガをしている場合,警察へ事故の報告は必ず「人身事故」として処理されているかを確認してください。

2
治療

治療(通院・入院)

医師へ自分の症状をきちんと伝え,必要な検査も受けましょう。
入院される場合の個室利用や通院でのタクシー利用は,医師の指示を仰いだ上で!

2
治療

治療(通院・入院)

医師へ自分の症状をきちんと伝え,必要な検査も受けましょう。

入院される場合の個室利用や通院でのタクシー利用は,医師の指示を仰いだ上で!

3
症状固定

症状固定(症状の安定)

保険会社からの治療費の打ち切り,症状固定の要請には慎重な対応を!!

3
症状固定

症状固定(症状の安定)

保険会社からの治療費の打ち切り,症状固定の要請には慎重な対応を!!

4
後遺障害の等級認定

後遺障害の等級認定

症状固定後に障害が残ったら,後遺障害の等級認定を受けます。

4
後遺障害の等級認定

後遺障害の等級認定

症状固定後に障害が残ったら,後遺障害の等級認定を受けます。

5
示談交渉

示談交渉

示談は,やり直しはききません。事前に弁護士に相談を!

5
示談交渉

示談交渉

示談は,やり直しはききません。事前に弁護士に相談を!

6
示談

示談(和解)成立

6
示談

示談(和解)成立

[ よくあるご質問 ]

交通事故や後遺障害について,よくある質問を下記にまとめました。
当事務所では,交通事故の被害に関する弁護士へのご相談は何度でも無料です。
ご不明な点は,遠慮なくお問い合わせください。

交通事故によってケガをした被害者は,どのような請求ができるのでしょうか?
arrow-right
交通事故によりケガをした場合には,主に次のような様々な損害につき,賠償金を請求することができます。
1.治療費,付添看護費,入院雑費等
実際に病院に通った場合にかかる費用などです・・・
物損事故から人身事故へ切り替えるには具体的にどうしたらよいのですか?
arrow-right
まず,交通事故の直後に受診した病院で,「事故日」と「初診日」が記載された診断書を取得してください。
次に,事故の処理を行った警察署の交通課に,物損事故から人身事故への切り替えを希望する旨を連絡して・・・
交通事故の加害者が任意保険に加入していませんでした。このような場合,自賠責保険以外
からは一切金銭支払を受けることはできないのでしょうか?
arrow-right
交通事故の加害者が任意保険に加入していない場合でも,あなたが「無保険車傷害保険」に加入していれば,
あなたが加入している任意保険会社から,死亡・後遺障害による損害に対しての保険金支払を受けることができます・・・
お問い合わせ:0120−250−742(ゼロイチニーゼロ ジコヲ ナシニ)
ご相談は
何度でも無料です。
お気軽にお問い合わせください。
無料相談はこちら
メール