MEDIA
交通事故の損害賠償に特化した判例雑誌「自保ジャーナル」に掲載

「自保ジャーナル」8/13日発行1947号

交通事故でご家族を亡くされた方からご依頼を受け、当事務所が起こした裁判の判決が、交通事故の損害賠償に特化した判例雑誌「自保ジャーナル」(8/13日発行 1947号147~151ページ)に掲載されました。

自保ジャーナルは、従来の判例とは異なる画期的な判決など、交通事故の民事訴訟の中でも、注目度の高い裁判事例を掲載している雑誌です。交通事故の依頼を受ける弁護士や保険会社が購読していることから、掲載された判例は、同様のケースにおける交渉や裁判に影響を与えています。

この度、掲載されたのは、交通事故で奥さまを亡くされた方からご依頼を受け、加害者の保険会社に損害賠償を請求していた裁判です。平成27年1月に札幌地裁で死亡逸失利益の生活費控除率を35%とする判決が下され、保険会社からの低額の提示を覆し、夫婦共働きで収入もほとんど同じ家庭環境において適切な賠償金を受け取ることができました。今後、同様のケースで影響を与える、非常に価値のある判決だと考えております。

今回の掲載は、当事務所がこれまで、適切な賠償金を受け取っていただくために行ってきたサポートが客観的に評価されたものと受け止めております。アディーレでは、今後も、交通事故の被害者の方々をフルサポートし、適正な賠償金を受け取ることができる環境づくりに貢献してまいります。

もしも交通事故に遭ってしまったら...
弁護士にご相談ください
ご依頼者の約70%
治療中に無料相談
利用しています

※2016/6/1〜2021/8/31。
お電話いただいた方のうち「治療中」と回答された方の割合です。

治療中に弁護士へ相談する
3つのメリット
  • 01慰謝料が大幅に増額する可能性があります
  • 02適正な等級認定を獲得するためのアドバイスを聞けます
  • 03難しい手続きを弁護士に任せ、安心して治療に専念できます