交通事故の解決事例集
賠償金につき2倍の増額に成功しました。

[ 投稿日:2022/08/19 ]

被害者プロフィール

Kさん(女性・51歳・主婦)

傷病名、等級

Kさんは、夜間に交差点の横断歩道上を青信号で横断中、その交差点を右折してきた乗用車にはねられてしまい、頸椎捻挫(むち打ち)・胸椎捻挫をはじめとする複数の傷病名の診断を受け、その後約6ヶ月間の通院加療を余儀なくされました。

その後、症状固定を迎え、残念ながら痛みが残ってしまったKさんは、後遺障害の等級認定の申請を行ったところ、後遺障害等級14級9号が認定され、これを受けて加害者の保険会社から示談金額が提示されました。Kさんは、この金額が適正なものかどうかがよくわからず、示談してしまおうかとも考えたのですが、保険会社からの書面には、休業損害について「パート・アルバイト」と記載され、休業損害を単なるパートとして計算されていた点が疑問でした。

というのは、確かにKさんは独身ではあるものの、障害を持つ家族の世話をしながらパートで生計を立てている、いわゆる兼業主婦であり、今回の事故を原因とするケガにより多大な影響を受けたのは、パートではなく家事労働だったのです。この点は賠償金に反映させることができないのか、ということで当事務所の無料相談をお申込み下さったのでした。

Kさんのご質問に対して、当事務所はKさんの休業損害については、パートではなく、家事従事者として算定すべきであり、当事務所が交渉することにより、増額する可能性がある旨をご案内しました。また、入通院慰謝料、後遺症慰謝料および逸失利益についても、相手方の提示は裁判所基準(裁判をしたならば認められる基準)と比較すると極めて低く、当事務所が交渉することにより、大幅に増額する可能性がある旨を併せてご案内しました。その結果、当事務所はKさんからご依頼をいただき、保険会社との交渉をお任せいただくこととなりました。

早速、当事務所は交渉を開始し、それぞれの項目についての法的な見解を相手方に伝え、粘り強く交渉しました。すると、当初は低い金額の主張を維持していた保険会社も、交渉開始から約2ヵ月経過したころには、休業損害につき主婦休損での算定を認め、入通院慰謝料についても「赤い本」別表Ⅰの80%、後遺症部分については裁判所基準の満額を認めるまでになり、結果的には、ご依頼前と比較して総額で2倍以上の金額で示談することができました。

交通事故の示談に際して、保険会社は自社の支払基準(いわゆる、任意保険基準)として裁判所基準よりも低い金額を提示してくることが通常です。また、被害者が兼業主婦の場合には、保険会社からの提示は兼業の休業分の補償のみに留めることが多く、家事労働に生じた支障が評価されないことが多々あります。

しかし、弁護士にご依頼いただくことにより、裁判所基準に基づいて増額交渉をすることができ、より適切に増額した示談金額を受け取れる場合があります。

保険会社から提示された示談金額につき、少しでも疑問を持たれた方は、まずはお気軽にご相談ください。

アディーレの交通事故案件の実績

  • 増額率98.7 %※1
  • 相談実績57,000 人以上※2

弁護士が交渉することで、
賠償金の増額
後遺障害の等級アップ
見込めます。

  • ※1相談時に相手方保険会社等から賠償金の提示があったもの。アディーレによる示談交渉や訴訟等による解決で、賠償金が増加したもの。2018年1月~2020年9月時点までの解決事件から計算しています。
  • ※22022年6月時点。本実績は、アディーレ法律事務所の開設当時からの累計であり、弁護士法人アディーレ法律事務所と弁護士法人AdIre法律事務所の合計です。

お客様の声

  • R・Yさん/岐阜県

    示談書が届いて一週間印が押せず、ずっと考えていました。弁護士と聞くと、とても難しい話をしないといけないのかな、と思っていましたが、とても分かりやすい説明で安心しました。

    弁護士特約がついていたので、弁護士代が無料で、受取金額が2倍になりました。アディーレの対応は、とても良かったです。保険会社の動きが遅いので、依頼してよかったです。

    約5ヶ月間、大変お世話になりました。とても良い対応で感謝しています。ありがとうございました。

  • O・Tさん/茨城県

    交通事故の示談交渉は非常に精神的負担が大きく思う様な賠償金額が出ないことが多いので、不安な事があれば早めに相談する事をお勧めします。

  • A・Tさん/静岡県

    弁護士特約に加入していない人、慰謝料の金額が不満な方、安心して依頼できると思います。交通事故で少しでも不安に思っている方は一度相談してほしいです。

もしも交通事故に遭ってしまったら...
弁護士にご相談ください
ご依頼者の約70%
治療中に無料相談
利用しています

※2016/6/1〜2021/8/31。
お電話いただいた方のうち「治療中」と回答された方の割合です。

治療中に弁護士へ相談する
3つのメリット
  • 01慰謝料が大幅に増額する可能性があります
  • 02適正な等級認定を獲得するためのアドバイスを聞けます
  • 03難しい手続きを弁護士に任せ、安心して治療に専念できます