FAQ
非接触事故で、相手方が過失ゼロを主張して保険を使おうとせず、一向に話が進みません。
どうしたらいいでしょうか?

相手方が過失を認めない場合、治療費、通院交通費などは任意保険会社が対応しないため、すべてご自身で支払われているのではないでしょうか。このような場合、とくに被害者の方が経済的に困窮されているときは、自賠責保険会社に対し被害者請求をしたり、ご自身の保険に人身傷害保険があれば、そちらを使ったりすることも検討できるので、専門家に相談してみてください。このような場合には、結果的に相手方が過失を認めて任意保険会社が対応することになったとしても、それまでの過程は大変難しい交渉が要求されることが予想されます。ですから、当面は自賠責保険などで治療費等を確保しつつ、専門家の力を借りて相手方に過失を認めさせ、適正な賠償の途を切り開くのが妥当な選択といえます。

事例一覧

自動車保険・過失割合のよくある質問

カテゴリー別よくある質問

交通事故のよくある質問

後遺障害・死亡事故のよくある質問

もしも交通事故に遭ってしまったら...
弁護士にご相談ください
ご依頼者の約70%
治療中に無料相談
利用しています

※2016/6/1〜2021/8/31。
お電話いただいた方のうち「治療中」と回答された方の割合です。

治療中に弁護士へ相談する
3つのメリット
  • 01慰謝料が大幅に増額する可能性があります
  • 02適正な等級認定を獲得するためのアドバイスを聞けます
  • 03難しい手続きを弁護士に任せ、安心して治療に専念できます