FAQ
加害者側の保険会社から示談金額の提示がまだないのですが、弁護士費用特約を使って弁護士に依頼することはできるのですか?

できます。交通事故の発生直後から弁護士費用特約を使用して弁護士に依頼することが可能です。当事務所では、後から手遅れになってしまうことを防ぐために、事故発生直後やケガの治療中からのご相談やご依頼をお受けしております。

事故の直後やケガの治療中でも、のちのちの交渉などに備えて準備しておくべき大切なことがあります。当事務所では、その時期から適切なアドバイスをしていくことを心がけています。なお、ご相談いただいた方の約70%の方が、おケガの治療中からご相談をいただいております。(「アディーレお客様相談室」による集計(2016/06/01~2018/05/31)

※弁護士費用特約は、保険会社の約款により、細かい内容が異なるケースがございます。実際にご利用になる際には、弁護士にご相談ください(相談は無料です)。

 

事例一覧

弁護士費用特約のよくある質問

カテゴリー別よくある質問

交通事故のよくある質問

後遺障害・死亡事故のよくある質問

もしも交通事故に遭ってしまったら...
弁護士にご相談ください
ご依頼者の約70%
治療中に無料相談
利用しています

※2016/6/1〜2021/8/31。
お電話いただいた方のうち「治療中」と回答された方の割合です。

治療中に弁護士へ相談する
3つのメリット
  • 01慰謝料が大幅に増額する可能性があります
  • 02適正な等級認定を獲得するためのアドバイスを聞けます
  • 03難しい手続きを弁護士に任せ、安心して治療に専念できます