FAQ
加害者から調停を申し立てられ、裁判所から呼び出し状が届きました。
どうすればよいでしょうか?行かないと、逆に不利益になりますか?

調停は、裁判所を通じた当事者の話し合いの手続のことです。裁判所は、加害者と被害者といった両当事者の間に入って話を整理したり、場合によっては当事者を説得したりします。

相手方から調停を起こされるケースは相手方と争いになる可能性が高く、調停で解決できない場合には訴訟を提起されることも少なくなくありません。ですから、裁判所から呼び出し状が届いたら、無視せず早急に対応しましょう。なお、相手方がわざわざ申立をしてきている以上、対応が複雑になる可能性が高いため、早い段階で弁護士に相談いただくことをおすすめします。

事例一覧

示談・ADR・訴訟のよくある質問

カテゴリー別よくある質問

交通事故のよくある質問

後遺障害・死亡事故のよくある質問

もしも交通事故に遭ってしまったら...
弁護士にご相談ください
ご依頼者の約70%
治療中に無料相談
利用しています

※2016/6/1〜2021/8/31。
お電話いただいた方のうち「治療中」と回答された方の割合です。

治療中に弁護士へ相談する
3つのメリット
  • 01慰謝料が大幅に増額する可能性があります
  • 02適正な等級認定を獲得するためのアドバイスを聞けます
  • 03難しい手続きを弁護士に任せ、安心して治療に専念できます