FAQ
交通事故紛争処理センターを利用するか、それとも、弁護士に依頼するかで迷っています。
どちらがよいのでしょうか?

紛争処理センターで示談のあっせんをしてくれる嘱託弁護士は、あくまでも第三者として中立的な立場で、加害者と被害者の間に介入します。そのため、あなたが受けた損害の立証の手助けをしてくれるわけではありませんし、あなたの主張を代弁してくれるわけでもありません。

いっぽうで、弁護士に依頼すれば、証拠資料の収集から相手方との交渉まで、首尾一貫してあなたの立場に立って、お力になることができます。どうぞお気軽にご相談ください。

事例一覧

示談・ADR・訴訟のよくある質問

カテゴリー別よくある質問

交通事故のよくある質問

後遺障害・死亡事故のよくある質問

もしも交通事故に遭ってしまったら...
弁護士にご相談ください
ご依頼者の約70%
治療中に無料相談
利用しています

※2016/6/1〜2021/8/31。
お電話いただいた方のうち「治療中」と回答された方の割合です。

治療中に弁護士へ相談する
3つのメリット
  • 01慰謝料が大幅に増額する可能性があります
  • 02適正な等級認定を獲得するためのアドバイスを聞けます
  • 03難しい手続きを弁護士に任せ、安心して治療に専念できます