交通事故被害者の慰謝料・弁護士への交通事故示談と賠償金に関する無料相談ナビ

お問い合わせ:0120−250−742(ゼロイチニーゼロ ジコヲ ナシニ)

示談・ADR・訴訟のよくある質問

Q示談交渉は,いつ始めればよいのでしょうか?

A

通常は治療が終わったときです。

それまでは,治療費や入通院慰謝料等の損害が日々発生し続けているので,損害額の全体がわからないからです。しかしながら,たとえばあなたが大変経済に苦しい状態にあって,治療費や休業損害がすぐに支払われないと来月の家賃が払えないとか,ローンの返済が滞るといった場合もあります。そのような場合は,正式な示談に先立って,もらえなくなった給料分だけ前倒しで払ってください,という交渉を,治療が終わらない段階で行うこともあります(これを「内払交渉」といいます)。

もっと詳しく知りたい方は
コチラのページもご覧ください

弁護士による交通事故 無料相談 実施中!

お問い合わせ:0120?250?742(ゼロイチニーゼロ ジコヲ ナシニ)
  • 費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり
  • ご相談・ご依頼は安心の全国対応。国内最多の65拠点以上。

弁護士 正木 裕美

愛知県弁護士会所属

弁護士 正木 裕美
お問い合わせ:0120−250−742(ゼロイチニーゼロ ジコヲ ナシニ)

ご相談は
何度でも無料です。
お気軽にお問い合わせください。