交通事故被害者の慰謝料・弁護士への交通事故示談と賠償金に関する無料相談ナビ

お問い合わせ:0120−250−742(ゼロイチニーゼロ ジコヲ ナシニ)

示談・ADR・訴訟のよくある質問

Q示談すると,加害者の刑事事件に影響するのでしょうか?

A

加害者にとって有利な事情として考慮されることがあります。

加害者の弁護人が示談書を証拠として裁判所に提出することで,加害者に裁判所から言い渡される刑罰が軽くなることがあります。そのため,加害者がとくに刑事事件で身体拘束を受けている場合,親族などが必死で示談してもらいたいと働きかけてくることがあります。しかしながら,刑事事件の判決が確定した瞬間手の平を返したように冷たい態度を取られたりして,被害者のほうがさらに辛い思いをする,というような事例もあります。ですから,加害者が刑事事件にかかっている最中に示談などをするときは,その真意を見抜くことが大事です。

もっと詳しく知りたい方は
コチラのページもご覧ください

弁護士による交通事故 無料相談 実施中!

お問い合わせ:0120?250?742(ゼロイチニーゼロ ジコヲ ナシニ)
  • 費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり
  • ご相談・ご依頼は安心の全国対応。国内最多の65拠点以上。

弁護士 正木 裕美

愛知県弁護士会所属

弁護士 正木 裕美
お問い合わせ:0120−250−742(ゼロイチニーゼロ ジコヲ ナシニ)

ご相談は
何度でも無料です。
お気軽にお問い合わせください。