FAQ
交通事故に遭ったら、まずどうすればいいのでしょうか?

交通事故直後は,「事故を証拠に残しておくこと」という発想から,できるかぎりのことをしておきましょう。

1 必ず警察へ連絡してください。

これは,のちに交通事故証明書を取得する際の記録の根拠とするためです。また,実況見分を行ってもらう上で,事故を警察に認識してもらうことは不可欠だからです。

2 加害者から様々な情報を取得してください。

自動車のナンバー

これがわかると,後日陸運局で加害者車両の自動車登録事項証明書(いわゆる「車検証」です)を取得することができます。費用は,現在証明であれば300円です。

名刺

勤務先情報を入手することができます。

運転免許証

加害者の住所,氏名がわかります。

自動車登録事項証明書

とくに,ここでその自動車の所有者と運転者が違う場合,所有者の情報を記録しておいてください。運転者が経済的に困窮していて賠償が困難な事情があったとしても,所有者から賠償を受けられる場合があります。

加害者の自賠責保険,任意保険の会社名

通常、加害者個人では賠償できないので、保険会社がどこかという情報は非常に重要です。

加害者の事故直後の言い分の録音、メモ

事故から時間が経って、争いが出てきたときに、加害者が最初どういっていたかが重要な証拠になる場合があります。

3 現場の情報を証拠にしておいてください。

現場/破損した自動車の写真を撮影するなどしておきましょう

携帯電話のカメラ等でも構いません。車両が壊れてしまったことによる損害(物損)について争いになったとき、役に立つことがあります。事故状況をできるかぎり把握・記録しておきます。

その他、保険対応をスムーズにするために、自分の加入している任意保険会社へも連絡しておきましょう。ここまでやっておけば,交通事故直後の行動としては十分です。

事例一覧

交通事故全般のよくある質問

カテゴリー別よくある質問

交通事故のよくある質問

後遺障害・死亡事故のよくある質問

もしも交通事故に遭ってしまったら...
弁護士にご相談ください
ご依頼者の約70%
治療中に無料相談
利用しています

※2016/6/1〜2021/8/31。
お電話いただいた方のうち「治療中」と回答された方の割合です。

治療中に弁護士へ相談する
3つのメリット
  • 01慰謝料が大幅に増額する可能性があります
  • 02適正な等級認定を獲得するためのアドバイスを聞けます
  • 03難しい手続きを弁護士に任せ、安心して治療に専念できます