FAQ
警察への交通事故の届け出が物損事故扱いになっています。今後の手続において不利にはなりませんか?

ケガをされているにもかかわらず、警察に物損事故として届け出た場合、加害者の保険会社から「今回の事故ではケガがない」と主張されて治療費等の支払を拒絶されてしまうことがあります。

また、実況見分が実施されませんので、過失割合の判断において不利益が生じる可能性もあります。

この場合、「実はケガをしていた」との反論(反証と呼びます)がとても困難になってしまい、後から不利になります。そのため、ケガをされている場合には、人身事故に切り替えることをおすすめします。

事例一覧

交通事故全般のよくある質問

カテゴリー別よくある質問

交通事故のよくある質問

後遺障害・死亡事故のよくある質問

もしも交通事故に遭ってしまったら...
弁護士にご相談ください
ご依頼者の約70%
治療中に無料相談
利用しています

※2016/6/1〜2021/8/31。
お電話いただいた方のうち「治療中」と回答された方の割合です。

治療中に弁護士へ相談する
3つのメリット
  • 01慰謝料が大幅に増額する可能性があります
  • 02適正な等級認定を獲得するためのアドバイスを聞けます
  • 03難しい手続きを弁護士に任せ、安心して治療に専念できます