スマートフォンサイトはこちら

交通事故全般のよくある質問

  1. 交通事故被害者救済サイトTOP
  2. 交通事故関連のQ&A
  3. Q9.弁護士に依頼をすると,どのようなメリットがあるのでしょうか?

弁護士に依頼をすると,どのようなメリットがあるのでしょうか?

 加害者本人との交渉は,相手が感情的になったり,逆に被害者との連絡を拒んだりなど,コミュニケーション自体が難しい場合が多いだけでなく,お互い法律の素人であるために,どの程度の金額が適正な賠償額なのかをきちんと話し合って決めることは難しいです。

 これに対し,弁護士に依頼すれば,感情的になりがちな加害者との交渉を直接しなくて済みますし,裁判所基準(裁判をしたならば認められる基準)に従って適正な賠償を受けることができます。

 また,保険会社との交渉は,経験豊富な担当者と直接やり取りを行う必要がありますが,多くの方は交通事故など人生で何度も遭遇するものではなく,知識と経験の差が大きくあるため,保険会社が裁判所基準を大きく下回る保険会社独自の基準に従って示談提示をしているにもかかわらず,「そういうものなのか」と言いくるめられてしまうことも少なくありません。

 これに対し,弁護士に依頼すれば,保険会社の提示する示談案を検討し,不合理な点については的確に反論してもらえるだけでなく,裁判所基準に従って適正な賠償を受けることができるようになるのです。

Aさんのケース

左の図は,当事務所にご相談いただいたAさんのケースです。 弁護士が介入することで,適正な賠償額で示談することができます。当初,保険会社からの提示された示談金額と比べると,平均して2倍,場合によっては3倍近くまで増額されるケースもあります。

関連Q&A (交通事故全般)

Q1.交通事故に遭ったら,まずどうすればいいのでしょうか?
交通事故直後は,「事故を証拠に残しておくこと」という発想から,できるかぎりのことをしておきましょう…続きを読む
Q2.警察への交通事故の届け出が物損事故扱いになっています。今後の手続において不利にはなりませんか?
ケガをされているにもかかわらず,警察に物損事故として届け出た場合,加害者の保険会社から「今回の事故では…続きを読む
Q3.物損事故から人身事故へ切り替えるには具体的にどうしたらよいのですか?
まず,交通事故の直後に受診した病院で,「事故日」と「初診日」が記載された診断書を取得してください。…続きを読む
Q4.警察から「交通事故から時間が経っているので,物損事故から人身事故への切り替えはできない」と言われてしまいました。どうしたらよいですか?
交通事故から長期間経過してしまった場合には,ケガと事故との因果関係が明らかではない等の理由から,物損事故…続きを読む
Q5.加害者は,どうして交通事故を物損事故扱いにしようとするのですか?
人身事故の場合,加害者が受け得る処分としては,刑事処分と行政処分とがあります。刑事処分は罰金,禁固や…続きを読む
Q6.交通事故証明書は,どのように入手したらよいのでしょうか?
「自動車安全運転センター」というところに申込をして入手します。入手方法は,【1】郵便振替による申込,【2】直接窓…続きを読む
Q7.加害者の刑事処分の結果を知りたいのですが,どうしたらいいでしょうか?
加害者を起訴するかどうかを最終的に決めるのは検察官です。ですから,事件についての管轄検察庁をたどっていき…続きを読む
Q8.刑事記録は,どのように入手したらよいのでしょうか?
まず,刑事記録とは加害者に対する刑事裁判のために作られるものなので,加害者に対する損害賠償請求をするためには…続きを読む
Q9.弁護士に依頼をすると,どのようなメリットがあるのでしょうか?
加害者本人との交渉は,相手が感情的になったり,逆に被害者との連絡を拒んだりなど,コミュニケーション自体が…続きを読む
Q10.弁護士に相談するタイミングはいつがいいのでしょうか?
基本的に,加害者や保険会社と示談を結ぶまでは,どのタイミングでもご相談いただけます…続きを読む
Q11.弁護士に依頼すると,必ず裁判になってしまうのでしょうか?
弁護士が交通事故の被害に関する示談交渉をお引き受けした場合,基本的には加害者側の保険会社との…続きを読む

弁護士による交通事故無料相談実施中!

お問い合わせ:0120-250-742(ゼロイチニーゼロ ジコヲ ナシニ)

  • 交通事故の被害に関するご相談は何度でも無料です。
    治療中の方も安心してご相談ください。
  • 物損事故のみ,または,加害者の方からのご相談はお受けしておりません。
  • ご相談・ご依頼は安心の全国対応。どうぞ,お気軽にご相談ください。