交通事故被害者の慰謝料・弁護士への交通事故示談と賠償金に関する無料相談ナビ

お問い合わせ:0120−250−742(ゼロイチニーゼロ ジコヲ ナシニ)

示談・ADR・訴訟のよくある質問

Q入通院慰謝料など傷害部分について先に示談をしてしまい,後遺障害部分は,後で別途協議するというような示談は可能ですか?

A

加害者側の保険会社の対応にもよりますが,可能な場合があります。その場合には,傷害部分の示談の際に,「後遺障害部分は別途協議して請求できる」といった文言を入れるなどして,後で後遺障害部分についても損害賠償を請求できるようにしておくことが,非常に大切です。

また,後遺障害の認定結果次第では,入通院慰謝料(傷害慰謝料)の計算方法が変わる場合がありますし,保険会社も後遺障害の認定結果次第では,態度を変えることが頻繁にあります。

そのため,入通院慰謝料など傷害部分を先に示談した方がよいのか,後遺障害の認定を待ったほうがよいのかといった判断は,そのつど慎重な検討が必要です。

示談交渉についてご不明な点があれば,弁護士に相談するのがよいでしょう。
当事務所では,交通事故のご相談は何度でも無料です。

もっと詳しく知りたい方は
コチラのページもご覧ください

弁護士による交通事故 無料相談 実施中!

お問い合わせ:0120?250?742(ゼロイチニーゼロ ジコヲ ナシニ)
  • 費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり
  • ご相談・ご依頼は安心の全国対応。国内最多の65拠点以上。

弁護士 正木 裕美

愛知県弁護士会所属

弁護士 正木 裕美
お問い合わせ:0120−250−742(ゼロイチニーゼロ ジコヲ ナシニ)

ご相談は
何度でも無料です。
お気軽にお問い合わせください。