交通事故被害者の慰謝料・弁護士への交通事故示談と賠償金に関する無料相談ナビ

お問い合わせ:0120−250−742(ゼロイチニーゼロ ジコヲ ナシニ)

損害賠償請求のよくある質問―請求する方の事情

Q成年の兄が交通事故によって植物状態になってしまいました。
兄の受けた損害について賠償請求をするにはどのようにすればよいのでしょうか?

A

交通事故の被害者が植物状態になってしまった場合には,被害者自身が話をしたり,自分の意思を伝えたりすることが困難となります。したがって,被害者の方に代わる代理人を立てる必要が生じます。

この場合,通常は,家庭裁判所に対し,「後見開始の審判」を申立て,「成年後見人(代理人)」を選任してもらい,その後見人もしくは後見人から選任された弁護士等が,保険会社に対して損害賠償請求を行うことになります。

「後見開始の審判の申立」は,被害者の配偶者や4親等以内の親族(両親・祖父祖母・子供・孫・兄弟姉妹・甥姪・従妹等)であれば申立てができます。詳しいことは,裁判所Webサイト:後見開始に申立手続の説明や書式ダウンロード・申立書記載例等の案内があります。また,最寄りの家庭裁判所に電話すれば,一般的なことは教えてもらえますし,申立書などのひな形やパンフレットの備え付けもされています。

もっと詳しく知りたい方は
コチラのページもご覧ください

弁護士による交通事故 無料相談 実施中!

お問い合わせ:0120−250−742(ゼロイチニーゼロ ジコヲ ナシニ)
  • 費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり
  • ご相談・ご依頼は安心の全国対応。国内最多の78拠点。
  • 法律相談実績40万人のアディーレだからできる,安心サポート!

弁護士 篠田 恵里香

日本交通法学会・日本賠償科学会

日本交通心理学会・日本交通科学学会所属・東京弁護士会所属

弁護士 篠田 恵里香
お問い合わせ:0120−250−742(ゼロイチニーゼロ ジコヲ ナシニ)

ご相談は
何度でも無料です。
お気軽にお問い合わせください。

無料相談はこちら
メール