交通事故のことなら

全国対応・ご相談無料

朝9時〜夜10時まで ⼟⽇祝⽇休まず受付

交通事故にあったため、現在治療中です。職場で「このままでは円滑に仕事ができないのでは」と言われ、仕事を辞めざるを得なくなってしまいました。何か主張することはできないのでしょうか?

症状固定前に会社を退職せざるを得なかった場合、退職後も休業損害が認められることがあります。ぜひ、休業損害の支払いについて加害者側に主張されることをおすすめします。

なお、この場合、退職後の再就職の可能性などのさまざまな事情を考慮して、休業損害を賠償すべき期間が決定されることとなります。なお、具体的にどのような主張を行うべきかの検討にあたっては判断が困難な場合がありますので、弁護士への相談をおすすめします。

損害賠償請求のよくある質問

カテゴリー別よくある質問

交通事故のよくある質問

後遺障害・死亡事故のよくある質問

もしも交通事故に遭ってしまったら...
弁護士にご相談ください
ご依頼者の約70%
治療中に無料相談
利用しています

※2016/6/1〜2021/8/31。
お電話いただいた方のうち「治療中」と回答された方の割合です。

治療中に弁護士へ相談する
3つのメリット
  • 01 慰謝料が大幅に増額する可能性があります
  • 02 適正な等級認定を獲得するためのアドバイスを聞けます
  • 03 難しい手続きを弁護士に任せ、安心して治療に専念できます

交通事故のことなら

ご相談無料・全国対応

\朝9時〜夜10時まで ⼟⽇祝⽇休まず受付/

電話で無料相談する 0120-250-742 朝9時〜夜10時まで ⼟⽇祝⽇休まず受付 Webで相談申込み