FAQ
事故の後、精神的不調が続き、PTSDとの診断を受けました。PTSDとなったことについて、損害賠償を請求できるのでしょうか?

請求できる場合はありますが、困難であるのも実情です。事故後、PTSDに陥ってしまったという事例について、裁判例でも、損害賠償を認める場合と認めない場合があります。

PTSDが後遺障害にあたると判断されれば、事故によって収入が減るだろう部分については損害賠償を請求できますし(逸失利益)、精神的な苦痛の賠償を求めることもできます(後遺障害慰謝料)。

しかし、PTSDを交通事故による後遺障害として認めてもらうには、さらに、事故との因果関係が問題となります。通常の一般人は、私生活上それなりのストレスは感じているのが実情で、PTSDという診断が出ても、それが交通事故を原因とするものか、因果関係の証明が困難となっています。またその程度が重大なもので永久に残るものなのかどうかも問題となります。

実際に裁判で争われたケースでは、後遺障害と認められない場合が多いのもまた実情であり、PTSDの症状につき、保険会社にどこまで賠償してもらえるかは、交渉次第・裁判次第ということになります。

事例一覧

損害賠償請求のよくある質問

カテゴリー別よくある質問

交通事故のよくある質問

後遺障害・死亡事故のよくある質問

もしも交通事故に遭ってしまったら...
弁護士にご相談ください
ご依頼者の約70%
治療中に無料相談
利用しています

※2016/6/1〜2021/8/31。
お電話いただいた方のうち「治療中」と回答された方の割合です。

治療中に弁護士へ相談する
3つのメリット
  • 01慰謝料が大幅に増額する可能性があります
  • 02適正な等級認定を獲得するためのアドバイスを聞けます
  • 03難しい手続きを弁護士に任せ、安心して治療に専念できます