FAQ
学生の場合、休業損害は、どのように算出すればよい…

基本的には休業損害は認められません。治療が長期にわたり、学校の卒業ないし就職の時期が遅延した場合は、就職すれば得られたはずの給与額は損害として認められる可能性があります。アルバイトをしている場合は、学生の単発的なアルバイトでは休業損害は認められることが難しいですが、長期的なアルバイトをしているような場合は休業損害が認められることがあります。その場合、アルバイトによる現実の収入を基礎として算出するのが通常です。

事例一覧

損害賠償請求のよくある質問

カテゴリー別よくある質問

交通事故のよくある質問

後遺障害・死亡事故のよくある質問

もしも交通事故に遭ってしまったら...
弁護士にご相談ください
ご依頼者の約70%
治療中に無料相談
利用しています

※2016/6/1〜2021/8/31。
お電話いただいた方のうち「治療中」と回答された方の割合です。

治療中に弁護士へ相談する
3つのメリット
  • 01慰謝料が大幅に増額する可能性があります
  • 02適正な等級認定を獲得するためのアドバイスを聞けます
  • 03難しい手続きを弁護士に任せ、安心して治療に専念できます