FAQ
妊娠中に交通事故に遭いました。赤ちゃん(胎児)への影響が心配です。
胎児が障害をもって生まれてきた場合、その損害は補償されるのでしょうか?

胎児である間に受けた不法行為によって、出生後に障害が生じ、後遺障害が残存した場合には、加害者に対してそれらについての損害賠償請求をすることができます(民法721条、最高裁平成18年3月28日判決)。

したがって、胎児が障害をもって産まれてきた原因が、交通事故(不法行為)にあるのであれば、事故の加害者に、その分の損害を賠償するよう請求できます。

事例一覧

損害賠償請求のよくある質問

カテゴリー別よくある質問

交通事故のよくある質問

後遺障害・死亡事故のよくある質問

もしも交通事故に遭ってしまったら...
弁護士にご相談ください
ご依頼者の約70%
治療中に無料相談
利用しています

※2016/6/1〜2021/8/31。
お電話いただいた方のうち「治療中」と回答された方の割合です。

治療中に弁護士へ相談する
3つのメリット
  • 01慰謝料が大幅に増額する可能性があります
  • 02適正な等級認定を獲得するためのアドバイスを聞けます
  • 03難しい手続きを弁護士に任せ、安心して治療に専念できます