FAQ
加害者は、レンタカーを運転中の学生でした。 レンタカー業者に損害賠償を請求できないのでしょうか?

請求できる可能性があります。

交通事故では、自動車損害賠償保障法という法律で、加害者以外にも損害賠償責任を請求できる場合を定めています。大まかにいえば、【1】自動車の運行に対して支配を及ぼすことができ、制御すべき立場にあり、【2】その者のために運行がなされていると評価できる場合、加害者以外であっても責任を負う場合があるのです(これを以下「運行供用者責任」といいます)。レンタカー業者は、これに当てはまるケースが多いですが、具体的事情によっては責任を否定されている裁判例もあります。レンタカー業者への請求を実際に検討なさっている方は、ぜひご相談ください。

なお、レンタカーによる事故が発生した場合、交通事故証明書には、そのレンタカー業者が自動車の所有者として記載され、連絡先も記載されます。したがって、損害賠償を請求する場合には、その記載を手掛かりに、レンタカー業者の加入する保険会社や、レンタカー業者に対し交渉することになります。

事例一覧

損害賠償請求のよくある質問

カテゴリー別よくある質問

交通事故のよくある質問

後遺障害・死亡事故のよくある質問

もしも交通事故に遭ってしまったら...
弁護士にご相談ください
ご依頼者の約70%
治療中に無料相談
利用しています

※2016/6/1〜2021/8/31。
お電話いただいた方のうち「治療中」と回答された方の割合です。

治療中に弁護士へ相談する
3つのメリット
  • 01慰謝料が大幅に増額する可能性があります
  • 02適正な等級認定を獲得するためのアドバイスを聞けます
  • 03難しい手続きを弁護士に任せ、安心して治療に専念できます