FAQ
職業がモデルであるため、14級(腰部)が認定されていても逸失利益は払わないと保険会社にいわれました。
逸失利益を請求することはできないのでしょうか?

加害者側の保険会社が、さまざまな理由をつけて示談金額を抑えようとすることは頻繁に行われています。そのため、必ずしも保険会社の回答に合理的な理由があるとは限りません。

今回のケースでも、認定等級14級(腰部)の後遺障害が、モデルのお仕事に影響を与えないとは限りませんので、一律に支払われないということはありません。その後遺障害がモデルのお仕事に影響するかどうかは、具体的な業務の内容によって判断されます。

「モデルの仕事」と一口にいっても、レッスン、オーディション、打合せ、撮影、営業、デスクワーク等、その業務は細かく分けられます。そのため、細かく分類した業務ごとに、後遺障害14級(腰部)がどの程度影響を与えるかを、保険会社に具体的に説明し、逸失利益を請求すべきです。

事例一覧

損害賠償請求のよくある質問

カテゴリー別よくある質問

交通事故のよくある質問

後遺障害・死亡事故のよくある質問

もしも交通事故に遭ってしまったら...
弁護士にご相談ください
ご依頼者の約70%
治療中に無料相談
利用しています

※2016/6/1〜2021/8/31。
お電話いただいた方のうち「治療中」と回答された方の割合です。

治療中に弁護士へ相談する
3つのメリット
  • 01慰謝料が大幅に増額する可能性があります
  • 02適正な等級認定を獲得するためのアドバイスを聞けます
  • 03難しい手続きを弁護士に任せ、安心して治療に専念できます