FAQ
通院中の整形外科が十分な治療をしてくれず不満です。転院することはできますか?
また、転院を相手側の保険会社に拒否された場合は、どうすればよいのですか?

本来、被害者には病院を自由に選ぶ権利があります。しかし、実際には手続が煩雑となり手間がかかるため、相手側の保険会社が転院を認めないケースもあります。また、事故当時から継続して通った病院でないと、後遺障害診断書の記載との関係で、今後の後遺障害の等級認定申請においてデメリットとなる可能性もあります。

転院が必要な理由があれば、それを保険会社の担当者に連絡し、事情を説明してください。それでも転院を拒否された場合には、病院を代えたうえでご自身の健康保険を使って自費で治療を続けることになります。

最終的な示談交渉の際に、転院と治療の継続が必要であったことや立て替えた治療費の支払いについて、保険会社と交渉していくことになります。

事例一覧

損害賠償請求のよくある質問

カテゴリー別よくある質問

交通事故のよくある質問

後遺障害・死亡事故のよくある質問

もしも交通事故に遭ってしまったら...
弁護士にご相談ください
ご依頼者の約70%
治療中に無料相談
利用しています

※2016/6/1〜2021/8/31。
お電話いただいた方のうち「治療中」と回答された方の割合です。

治療中に弁護士へ相談する
3つのメリット
  • 01慰謝料が大幅に増額する可能性があります
  • 02適正な等級認定を獲得するためのアドバイスを聞けます
  • 03難しい手続きを弁護士に任せ、安心して治療に専念できます