交通事故被害者の慰謝料・弁護士への交通事故示談と賠償金に関する無料相談ナビ

お問い合わせ:0120−250−742(ゼロイチニーゼロ ジコヲ ナシニ)

損害賠償請求のよくある質問―後遺障害

Q顔面醜状の場合,労働能力喪失率はどの程度なのでしょうか?

A

顔面など外貌に醜状が残った場合は,手足や身体に機能障害が残った場合などとは違い,身体的機能そのものに支障が生じるわけではないので,直接的には労働能力が喪失したとはいえない場合があります。しかし,芸能人・モデルなど,外貌が重要な職業に就いている場合に限らず,外貌醜状が残ったことで,就ける職業・職種が限定されたり,仕事に何らかの支障が出たりするおそれが高いことを理由に,逸失利益が認められる場合があります。

なお,逸失利益の算出に必要な労働能力喪失率は,認定された後遺障害等級によって異なり,下記の表が目安となります。しかし,外貌醜状の場合,等級認定表に定められた労働能力喪失率どおりには逸失利益を算定しないことがありますので,そのような際は,粘り強く任意保険と交渉することが必要です。

外貌醜状の後遺障害等級と労働能力喪失率の目安
後遺障害等級 労働能力喪失率
7級12号 56%
9級16号 35%
12級14号 14%

もっと詳しく知りたい方は
コチラのページもご覧ください

弁護士による交通事故 無料相談 実施中!

お問い合わせ:0120−250−742(ゼロイチニーゼロ ジコヲ ナシニ)
  • 費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり
  • ご相談・ご依頼は安心の全国対応。国内最多の78拠点。
  • 法律相談実績40万人のアディーレだからできる,安心サポート!

弁護士 篠田 恵里香

日本交通法学会・日本賠償科学会

日本交通心理学会・日本交通科学学会所属・東京弁護士会所属

弁護士 篠田 恵里香
お問い合わせ:0120−250−742(ゼロイチニーゼロ ジコヲ ナシニ)

ご相談は
何度でも無料です。
お気軽にお問い合わせください。

無料相談はこちら
メール