交通事故被害者の慰謝料・弁護士への交通事故示談と賠償金に関する無料相談ナビ

お問い合わせ:0120−250−742(ゼロイチニーゼロ ジコヲ ナシニ)

損害賠償請求のよくある質問―請求する相手の事情

Q加害者は,レンタカーを運転中の学生でした。
レンタカー業者に損害賠償を請求できないのでしょうか?

A

請求できる可能性があります。

交通事故では,自動車損害賠償保障法という法律で,加害者以外にも損害賠償責任を請求できる場合を定めています。大まかにいえば,【1】自動車の運行に対して支配を及ぼすことができ,制御すべき立場にあり,【2】その者のために運行がなされていると評価できる場合,加害者以外であっても責任を負う場合があるのです(これを以下「運行供用者責任」といいます)。レンタカー業者は,これに当てはまるケースが多いですが,具体的事情によっては責任を否定されている裁判例もあります。レンタカー業者への請求を実際に検討なさっている方は,ぜひご相談ください。

なお,レンタカーによる事故が発生した場合,交通事故証明書には,そのレンタカー業者が自動車の所有者として記載され,連絡先も記載されます。したがって,損害賠償を請求する場合には,その記載を手掛かりに,レンタカー業者の加入する保険会社や,レンタカー業者に対し交渉することになります。

もっと詳しく知りたい方は
コチラのページもご覧ください

弁護士による交通事故 無料相談 実施中!

お問い合わせ:0120−250−742(ゼロイチニーゼロ ジコヲ ナシニ)
  • 費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり
  • ご相談・ご依頼は安心の全国対応。国内最多の86拠点。
  • 法律相談実績45万人のアディーレだからできる,安心サポート!

弁護士 篠田 恵里香

日本交通法学会・日本賠償科学会

日本交通心理学会・日本交通科学学会所属・東京弁護士会所属

弁護士 篠田 恵里香
お問い合わせ:0120−250−742(ゼロイチニーゼロ ジコヲ ナシニ)

ご相談は
何度でも無料です。
お気軽にお問い合わせください。