交通事故被害者の慰謝料・弁護士への交通事故示談と賠償金に関する無料相談ナビ

お問い合わせ:0120−250−742(ゼロイチニーゼロ ジコヲ ナシニ)

損害賠償請求のよくある質問―請求する相手の事情

Q加害者は未成年者でした。
その親に損害賠償を請求できないのでしょうか?

A

親が運行供用者に当たる場合(車が親の所有名義である場合等)は,運行供用者として親に損害賠償を請求できます。
また,加害車両の所有者が子供である場合も,親が自動車を購入したり,ガソリン代や保険料等,維持管理費用も親が支出したりしているときには,親の運行供用者責任が認められるのが通常です。

また,「親が相当の監督をすれば事故の発生を防止できたケース」「監督をしなければ事故の発生する恐れが高かった場合などに親が監督を怠ったケース」についても,未成年者の行為による損害の発生につき,少年の親に独自の責任が認められる可能性があります。たとえば,加害者が無免許運転・酒酔運転や信号無視を繰り返していたのを知りながら放置していたケースで,親権者に対して損害賠償請求をすることができるとした裁判例があります。

もっと詳しく知りたい方は
コチラのページもご覧ください

弁護士による交通事故 無料相談 実施中!

お問い合わせ:0120−250−742(ゼロイチニーゼロ ジコヲ ナシニ)
  • 費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり
  • ご相談・ご依頼は安心の全国対応。国内最多の80拠点。
  • 法律相談実績40万人のアディーレだからできる,安心サポート!

弁護士 篠田 恵里香

日本交通法学会・日本賠償科学会

日本交通心理学会・日本交通科学学会所属・東京弁護士会所属

弁護士 篠田 恵里香
お問い合わせ:0120−250−742(ゼロイチニーゼロ ジコヲ ナシニ)

ご相談は
何度でも無料です。
お気軽にお問い合わせください。

無料相談はこちら
メール